2008年11月30日

川魚水槽のカネヒラも元気!

DSC07130.JPG
DSC07129.JPG 戸外においてある60センチ水槽 には釣ってきたモツゴ(クチボソ)10匹とヨシノボリ2匹に写真のカネヒラ2匹(ペアー)を飼っている。目

 カネヒラはタナゴの仲間だが大型種で15センチぐらいまでなるという。この間10センチぐらいのペアーで琵琶湖産の天然のものがペットショップで2万円で売られていた。簡単には売れないだろうが。フリーダイヤル

 川魚は一般に水温は高温より低音を好むらしい。金魚やメダカと違って水温10度前後でもまだ動きが良い。カネヒラは水草を好むらしいが、川魚の飼料でも十分なれる。あせあせ(飛び散る汗)

 今大きさは5センチ〜6センチだろうがオスは婚姻色が尾びれに青色、腹びれに赤色があらわれており、今後大きくなるにつれて鮮やかになるのではないだろうか。それにしても優雅に泳ぐ姿は飽きない。魚のペットの魅力は優雅な上下移動にあるのかなと思った。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 17:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 川釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

寒いのにメダカも元気!


DSC07108.JPG この時期のメダカ情報です。ただいま水温は10度ぐらい。メダカは変温動物で5度以下になると冬眠に入ります。現在戸外のメダカは睡蓮鉢と発泡スチロールの水槽で飼育しているが、餌はチョコっと食べる程度で動きは活発ではないです。目

 写真は室内の水槽で今年生まれたものの小さいので25度に温度設定して飼っているものです。然し!室内に入れたときは1センチぐらいだったものが、今は2センチぐらいで、選別して戸外の水槽に出したメダカより既に大きくなったようです。

 水温25度で朝晩餌を食べているからです。どちらがいいのか。水温を一定に保たれたものは、若干短命となるようです。でもぐんぐん大きくなるから楽しい。わーい(嬉しい顔)

posted by シゲ(^-^)v at 21:20| Comment(1) | TrackBack(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週の釣りは断念!

DSC07093.JPG
DSC07088.JPG 今日金曜日は休みなんですが、いろいろ公私とも忙しいので、体調が不良、天気の方も雨は続くし、波も高いらしいので、平塚海岸行きは断念した。どうも寒さに弱いらしい。もうやだ〜(悲しい顔) 12月5日(金)に全てを賭けたいです!

 と言うことで、今回はご近所の公園ネタでがまん。午前中は雨だったが午後から上ったので、大宮花の丘公園へ、写真を撮るにはぎりぎりの4時ごろに。写真左は夕方雨上がりに、散り行く紅葉も道路に。シットリと地味目の色合いがステキだ。
右は我家のサラサドウダンの紅葉です。ちょっとアップさせてもらいました。
posted by シゲ(^-^)v at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

近くの公園でも燃えている!


DSC07035.JPG
DSC07040.JPG ここのところ気温は下がっているが、天気は快晴。朝から天気が良いので庭仕事を早めに片付けて近くの公園へ。澄み切った青空と紅葉を撮りにに行く。晴れ目

 先ずは太陽に逆らわず公園南口から。左は南口池の端に並ぶ木々、真っ青な空に紅葉が映える。右は池越しに茶色に紅葉した浮島のメタセコイアを望む。空が青いと何でも映えるもんだ。わーい(嬉しい顔)

DSC07050.JPG
DSC07067.JPG もう少し進むと左は浮島に架かる橋。青い空、茶色のメタセコイア、思わず橋を渡ってみたくなる。右は公園中心の真っ赤なモミジ。突然現れたので慌てて撮った。がく〜(落胆した顔)

DSC07071.JPG
DSC07077.JPG この公園は低地にあった田圃を池に、台地の林は自然のまま残している。武蔵野に多い風景だ。左の写真、ナラ、クヌギなどは黄色く色付き、地面にはふかふかの紅葉の絨毯が、子供の頃はこんな林を駆け回り、暖かい葉っぱの乾いた匂いを腹いっぱい吸い込むと幸せを感じたモンです。ハートたち(複数ハート)もう一つ右は真っ赤に色付くモミジの葉。あと一週間もすると散りかけるのではないか。ー(長音記号2)わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 19:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

深夜特急3〜沢木耕太郎


img167.jpg 風に吹かれ、水に流され、偶然に身をゆだねる旅。そうやってやっとインドに辿り着いた。カルカッタでは路上で突然物乞いに足首をつかまれ、ブッタガヤでは最下層の子供達との共同生活を体験した。

 ペナレスでは街中で日々演じられる生と死のドラマを眺め続けた。そんな日々を過ごすうちに、自分の中の何かから一つ、また一つと自由になっていった。

 この作家はルポライターであり海外を放浪しているが、ヒッピーではなかった。インドで見た下層社会でただ生きていくことだけの毎日の人々。命は粗末にされた。物質文明への問いかけ。日本の平和の成り立ちはなんだろうか?子供の眼が問いかける。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 22:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

景色も釣りも平塚は最高!

DSC07003.JPG
DSC07021.JPG 14日(金)は平塚行きだ。温度は上るという。平塚行きのの週が一週ずれたので、今回から大潮回りとなる。満潮は朝6時前。6時ごろには扇の松下近辺。波も穏やか釣り日和。目

 然し!一投目何も来ず。3投目でダブル。形は比較的大きくなっている。その後二時間で音沙汰なし。波打ち際近くではフグが。地元の人に聞くと昨日は大荒れで今日釣りできたのは不思議なくらいだと。ふらふらその後1匹追加するが、9時に諦めてテトラの内側へ。次項有

 ここなら少しは底あれが無いか。但し!移動のときバケツに入れておいたキスが、1匹何処かで飛び出たらしい。ちっ(怒った顔)とに角気をとりを直して第一投。大き目のメゴチとキスが。メゴチは上げるときに結構重いもんだ。但し!油断をしていてあごのトゲで指から血が!もうやだ〜(悲しい顔)

 その後1匹だったり2匹もあったり。ここでは移動釣り師も集まり、皆ポツポツではなかったのだろうか。ピンギスも大きくなったみたいで、時々手元にブルブルと伝わる。

 11時ごろまでいたが当りも遠のいた。一方天候は朝方と比べ暑いぐらいに。富士山もくっきりと、波も春のような温かさが。写真も春のような雰囲気だ(左と右)。
DSC07024.JPG
DSC07026.JPG 今日の釣果はキス12匹(1匹バケツから逃亡含め)とメゴチ1匹。(左)この大きさになるとピンとはいえないものもある。天麩羅には程よい大きさだ。いつもの通り開いて中骨を取り天麩羅を塩で戴く。サクサクッと、揚げ立ては熱くてショパイので、ビールを流し込む。今日も美味い。わーい(嬉しい顔)

 今日(15日)朝の海岸の様子。雲が多く時々切れて太陽が顔を出す。太陽がないと風が寒い。釣り人も冬装束だ(右)。波が静かなので、釣り船も多い。今年はいつまで釣れるだろうか?わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 20:21| Comment(9) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

記念旅行〜伊豆高原A


DSC06958.JPG
DSC06963.JPG 伊豆高原の翌日8日はは雨だった。昨日計画したアウトドアーのイベントは全て中止、ふらふらインドアーで選択だ。でも早朝の小雨降る露天風呂いい気分(温泉)も悪くは無い。わーい(嬉しい顔)

 陶芸体験教室に行ってみる。が雨のせいか意外と混んでいる。初めての体験だったので、子供の粘土細工と変らない?左はランプシェード、右は手びねり。思ったより時間が架かるし、熱中してしまう。1ヵ月半ぐらいで焼いて送られてくるらしい。出来上がりが楽しみだ。わーい(嬉しい顔)

DSC06975.JPG
DSC06973.JPG  昼は調べておいた本家鮪屋」に立ち寄る。左は妻が頼んだ「頭トロ炙り丼」、一切れ貰った。もうやだ〜(悲しい顔)脂がのって口の中でとろける。右は「マグロにぎり尽くし」。赤身も生マグロでねっとり美味しい。わーい(嬉しい顔)

img166.jpg 食事の後もインドアーで。行ったところは「怪しい少年少女博物館」。フリーダイヤル30年代〜50年代のレトロな世界に引き込まれる。かと思うと2階の展示ははエロもグロも。ちっ(怒った顔)そして「あやしい夜の学校」は単なるお化け屋敷か。もうやだ〜(悲しい顔)なるほど少年少女にとってはあやしい博物館だ。目

 今回はアウトドアーのように健康的ではなかったが、小雨模様の天気も頭から吹っ飛んだ。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 21:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

記念旅行〜伊豆高原@

DSC06740.JPG
DSC06741.JPG 7日(金)は記念旅行だった。熱海からレンタカーを使って伊豆高原方面へ。海鮮釜飯の「与望亭」で昼飯(左)。右はその名も「海鮮釜飯」。釜は本物と同じ鉄製でおこげも沢山、旨い。わーい(嬉しい顔)
DSC06757.JPG
DSC06764.JPG今日は曇りの予報にしては天気は上々。伊東の海は静かだ。なので今日の観光は城が崎と決めた。海岸沿いのピクニックコースを20分も歩くと城が崎へ到着。つり橋はやっぱり揺れた。
DSC06929.JPG 宿は記念日なので、「離れの宿」だった。露天風呂はいいなー。いい気分(温泉)わーい(嬉しい顔)〜続く。
posted by シゲ(^-^)v at 22:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜特急2〜沢木耕太郎


img165.jpg 香港・マカオに別れを告げ、バンコックと飛んだものの、どこをどう歩いても、バンコックの街も人々も、何故か自分の中に響いてこない。目

 香港で感じた熱気の再現を期待しながら、鉄道でマレー半島を南下し、一路シンガポールへと向かった。途中ペナンで娼婦の館に滞在し、女達の屈託の無い陽気さに巻き込まれたり、シンガポールの町をぶらつくうちにやっと放浪旅行の意味に気が付いた。
posted by シゲ(^-^)v at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

近くの池でも食いが盛んだ!

DSC06728.JPG
DSC06004.JPG 今週は平塚に行かないので、3連休は近くの池でクチボソ(モツゴ)釣りでガマンです。クチボソは口が小さいので極小針タナゴ0.3、餌は赤虫です。たらーっ(汗)

 いつもの公園の池に。寒いので魚の食いも暖かくなってからと理解、午前9時に釣り開始。池の葦も綺麗に刈り取られていたので、前回のポイントを探す。どうもクチボソは葦の周りで卵を産み、生息しているみたいだ。目

 タナゴ仕掛けで第1投。直ぐに当りが。その後も必ず当りがある、合わせが遅すぎると飲み込まれ、早すぎると水面でポチャッと落ちてしまう。そのうちグイッと引くのはブルーギル。このちょっとしたスペースにはどれ程の魚がいるのだろう。どうも冬眠を控え食いが盛んになっているのは間違いない。ダッシュ(走り出すさま)

 午前中に家に帰ると妻に約束していたが、落としたものも含めて毎回の入れ食い状態なので、正午を過ぎてしまった。それでも仕掛けが切れたのを機会に納竿とした。犬

 基本的には釣った川魚は家の水槽で飼うことにしている。今回ブルーギルが6匹、クチボソが31匹だが、果たしてブルーギルは飼えるのだろうか?飼った経験のある人教えてください。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 19:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 川釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする