2008年12月31日

こんな時だからこそ家族の和を!


img169.jpg今年の世の中を評する」言葉は「偽」、「変」「嘘」などろくな漢字はないと思います。目

こんなご時勢だからこそ「家庭」を見直し、暫し波が通り過ぎるのを待ってみることが大事ではないでしょうか?バッド(下向き矢印)

 私の家では年末は二男が、年始は長男が帰ってきます。楽しい家族で不況何かとは縁のない故郷としたいですね。わーい(嬉しい顔)

 ところで、今年一年はいろいろな処に行き、平塚海岸の釣りも沢山のキスを釣り上げ食べました。ごめんなさい。ちっ(怒った顔)お陰さまで夫婦とも楽しく生かさしてもらっています。ふらふら

 健康は一番ではありますが、自然と戯れるチャンスを来年も願って、謙虚に趣味も進化させたいと思います。わーい(嬉しい顔)

 ブログに訪れていただいている皆様、毎日の生活記録ではありますが、自分の考えを画像や文章にちりばめてお送りしますので、是非訪れてください。
 また、仕事が忙しくなると、投稿が少なくなることがありますが、そのときは頑張っているときですので、応援下さい。るんるん

 一年間書込みなど有難うございました。来年は今年とは違った釣りモノ、メダカ、観光地、グルメを発信しますのでお楽しみくださいね。わーい(嬉しい顔)

 画像は相田みつをの「願(がん)」です。初詣には欲望ではない「願い」をお祈りします。わーい(嬉しい顔)

posted by シゲ(^-^)v at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

埼玉でも初氷が!


DSC07394.JPG
DSC07400.JPG昨日の夜の冷え込みがきついと思ったら、今朝庭に降り立つと睡蓮鉢の水が凍っていた。恐らく今年初めてではないか。目

 水面が凍っていてもメダカはじっと底で耐えて冬眠状態となり死にはしない。良く金魚なども氷漬け状態でも生きていたことがある。何と生命力とは凄いものだ。人間は環境適応能力が失われつつあるので、こうはいかないが。ふらふら

 右は庭の霜柱。温暖化の影響か久々に見る光景だ。慌ててカメラに収めた。もう一つ温暖化で困ったことは、昨日までモグラの塚が芝生にボコボコとできて、まるでモグラたたきゲームのように、取り除いても、防除剤を撒いても効き目が無かった。ちっ(怒った顔)

 ところが、今日は新しいモグラ塚が見当たらない。調べたら、モグラは関東辺りでは冬眠しないらしいが、地表が凍るとレストタイムに入るというが。恐るべし、こんなに寒くなっても地中のミミズや虫をあさって、動き回っているとは!がく〜(落胆した顔)わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 16:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

大潮で閏秒?


引力.png 地球の公転は365日をちょっとオーバーするので4年に一度だけ閏年を設けていることはご存知だと思いますが、「閏秒」は地球の自転に関係があって、来年の1月1日(元旦)は通常の一日より1秒長くなるらしい。

 その時間は午前9時の直前に1秒が挿入されるという。三年ぶりの閏秒の調整だ。そして不定期にやってくる。

 原因は地球の自転にふらつきがあるために、地球の自転が遅くなっているからだ。
何とその原因が釣り好きの皆さんには良くご存知の「潮汐力」。月と太陽の引力により海水に満ち干がok起こると自転しようとする地球(海底)との間で摩擦がおこり、自転が遅れるという。

 また、地球を取り巻く大気や海水の流れも原因の一つだと。自転の速度はフィギャースケートのように腕を伸ばすと回転が遅くなり、縮めると回転が早まるのと同じだとも。

 大潮は満潮と干潮の差が最も大きくなり、潮の流れが速くなる。そのため釣りものと場所によっては良く釣れることがあるが、その時は地球の自転が遅れているカも知れない。

 潮の満ち干には生命にも影響を及ぼしていることがまだまだ沢山ありますね。(詳細は日経新聞より)。ふらふら

posted by シゲ(^-^)v at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年のシャコバサボテンは良い!


DSC07377.JPG 我家のシャコバサボテンは昨年冬越しして2年目ですが、環境が良かったのか今年の花つきは良いです。目

 シャコバサボテンの花芽は、10月下旬頃気温が20度を下げる頃から1ヶ月で付くといわれています。
それまでは水は控えめですが、花芽が付いたら充分与えるようにします。かわいい

 11月いっぱいは花芽のまま外において、暖かい家の中に入れたら一気に花を咲かせました。お陰でクリスマスまで間に合いました。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 14:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陶芸も楽しい!


DSC07386.JPG 11月7日に伊豆高原方面に家族で記念旅行をしたとき、みんなで陶芸を体験しました(その時の模様は11月11日にアップ)。

陶芸教室では上薬を塗り、釜で焼いてから家まで送ってもらう手はずになっていましたが、昨日到着しましたので、紹介です。目

 左上は連れ合いの作品、ランプシェード。上薬の他緑色を配色していただいたので、かなり感じが出てきました。明かりをつけると更にグーです。黒ハート

 右上と下は私の作品、小鉢と小皿としときます。手びねりといって、粘土をこねている間に何となくできたもので、ツマミでも入れてお酒を飲んだらグーかも。わーい(嬉しい顔)

 今後作りたいものは、釣った魚の刺身を入れる「大皿」と、ビールや焼酎を入れるジョッキーなど、どうしても自分の好きなものが中心となってきますね。ふらふらわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 14:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

今年最後のキス釣りなのに??


DSC07362.JPG
DSC07384.JPG 20日(土)、今年最後の平塚海岸は絶好の釣り日和だった。波も穏やか、気温は高い。富士山も写真のように雪で真っ白だが、若干霞がかかっている。目目

 とは言うもののいつもの海岸到着は7時10分、日の出は過ぎている。ルアー客はいるものの、投げ釣り客は見当たらない。然し!風が無く投げ釣りにとってコンデションは良いが、当たりがない。左右の釣り師はポツポツ上げているのだが。

 そのうち「湘南レスキュー」と表示した赤い小型船が海岸50メートル位を右左に。何かを調査しているのだろうか?どうも今回はボーズ臭い。そしてボーズとなった。ふらふら

 左隣の釣り人は、某スポーツ新聞のライター(釣り)だった。地元の方で時々新聞に記事を掲載しているらしい。平塚を愛する一人として、この土地から情報発信することは願っても無いことだ。黒ハート

 互いに活躍を約束して、某ライターから写真右の投げ釣りの錘をいただいた。錘の手作りモノは最近では発砲スチロールを使用しているものもあるという。改造や手作りが盛んだ。がく〜(落胆した顔)

 写真のものは、鉛を木に埋め込んだ25号。L字天秤の腕の部分が長い。通常のステンレス線に更にピアノ線が同じ長さ程度延び、全体で24センチになる。
ピアノ線の軟らかさでキスの浅い食いにもショックを与えない優れものだ。がく〜(落胆した顔)

 超遠投の形状と巻上げ時の浮き上がりの良さ、食いつきのよさが予想できる。小生みたいに手軽に市販の仕掛けで間に合せているものにはやはり釣れる限界はありそうだ。まあ、毎回の釣行で平塚のことが詳しくなったが。ちっ(怒った顔)わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 17:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

鎌倉源氏山公園付近には?

DSC07184.JPG
DSC07187.JPG 鎌倉駅西口から20分も歩くと源氏縁の社寺等が点在している。こちら側は余り来たことは無いが、6日(土)は青空に誘われて連れと行って見た。

 住宅の路地のようなところを、休日は迷惑なんだろうなと思いながらも抜けていくと、突然写真のような朱色の奉納幟が。10,000円で奉納できる。

「佐助稲荷神社」は頼朝が鎌倉幕府を興す前、夢の中で神霊である翁が頼朝に旗揚げ勧めたという由来によるらしい。付近は山に囲まれているためか、リゾートのような住宅も多い。
 境内から鎌倉大仏に行くハイキングコースもある。
DSC07204.JPG
DSC07222.JPG 佐助稲荷神社を住宅地に戻り銭洗弁財天の近道へ。頼朝が夢に見たお告げに従い、この地に湧き水を見つけ宇賀神様を祀ったことが始まりといわれているらしい。

 私達もこの泉でありったけの硬貨をザルに入れて洗った。お金が溜まるらしい。効果はあるだろうか。なかには千円札や一万円札を洗っている人もいた。

 ハイキングコースを更に行くと源氏山公園へ。源氏山公園の春は桜の名所でもあるらしい。公園の中央には源頼朝の坐像がある。
posted by シゲ(^-^)v at 18:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南平塚海岸の釣りも厳しい!

DSC07162.JPG
DSC07166.JPG 今週は満を持しての平塚行きではあった。5日(金)の気温は高かったが前線の影響で波は高く風も強かった。あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)

 日の出は6時30分、7時前にはビーチパークへ。波が高いがその時間では未だ白波は立っていない。然し!テトラの外では波が遥か彼方から鎌首をもたげ海岸まで押し寄せ砕け散る。なのでテトラの中央付近に釣り座を構える。目

 第1投、風は南南西、投げた糸が東に流れる感じだ。でも何かがかかっている。メゴチにカレイか。その後ハリスを切られること数回。投げを風をよけて左方向へ。置き竿にするとフグの猛攻らしい。波と風で当りは分からないが今度はキスをダブルで。グッド(上向き矢印)

 その後、1匹ずつ2度キスを上げるが9時ごろには沖にも白波が上り、強風のため砂嵐となり釣りにならない。海底もうねりが激しいらしく仕掛けが絡まる。未だ早いが納竿とした。気が付けば釣りをしているのは自分ばかり。ふらふらただ気温は高く、汗ばんだ。むかっ(怒り)

 例により家ではから揚げにして食べた。塩でサクッとしてビールに良く合います。旨い!。
 カレイと思っていたのは良く見ると平目だった。子供というべきか。左平目右カレイと言い、確かに左に目が。然し!手のひら大なのに平目らしく歯は鋭い。また、骨太なので唐揚げも二度揚げしても骨までは食べれない。今度は平目の大人を釣らないと。わーい(嬉しい顔)

 右は結構大きなショウサイフグで、色も綺麗でかわいらしいので、思わず持って帰ってきたものです。食べるわけではないので、無駄な殺生。連れ合いには怒られた。ちっ(怒った顔)
DSC07171.JPG
DSC07228.JPG 翌日6日は天気はすこぶる良いが、波は高い。風もありそうだ。休日でも釣り人は少ない。左は午前8時ごろの波と富士山。砕ける波に真っ白な頂の富士。頭に雲が架かる。晴れ

 右はその日の夕焼けの富士山。日没は午後4時30分頃だ。この日も7日の日曜日も山あいまでくっきりと輪郭が。大島も全景が見えた。目  
posted by シゲ(^-^)v at 14:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする