2009年03月31日

新しいデジカメは?


LUMIX.jpg 休日に大阪へ墓参りに行った。が然し!愛用機のcyberーshotが故障だ。どうもCCDがいかれたらしい。カラーはセピア色、画像は縦に流れる。とても見られたものではない。何かのたたりか?ふらふら

 もうこの機械は5年〜6年は使っただろうか?ブログも忙しいので、早速次期デジカメの選定に入った。コンセプトは高倍率と操作性です。被写体は自然としておきたい。目

 今ターゲットはLUMIX TZ7 世界最小光学12倍ズームです(写真)。今月発売なので、何処の量販店でも販売価格はガードが固い。ネットなどで見ても、最安値は36,000円がいいところだ。ちっ(怒った顔)

 どなたか何か良い機種があったら教えてください。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

暖かくなったので水槽のお掃除です

DSC07853.JPG
DSC07852.JPG 4月からは完全なメダカシーズンを迎えるので、その前に冬眠中には手入れをしていない戸外の水槽の掃除をする。気温の高い今日を逃すとメダカにもダメージがあるのです。目

 それに現在家の中の水槽で飼っているメダカも、暖かくなれば戸外デビューとしなければ。はたまたこの間新しいメダカをインターネットで注文したので、その新居も考えなくてはならない。ふらふら

 そんなわけで今日のところは写真の睡蓮鉢2つをまづ掃除します。昨年生まれたヒメダカと楊貴妃が入っている。冬の寒さにも負けず、何とか全員生き残っているみたいだ。わーい(嬉しい顔)
DSC07835.JPG
DSC07844.JPG 睡蓮鉢は水は澄んでいるものの、底には葉っぱとヘドロの堆積が。田んぼの土のような匂いはするが、メタンガスがわいてているようなことはなさそうだ。もうやだ〜(悲しい顔)

 上澄みから綺麗な水を取り置き、ヘドロを掃除して水草や砂とメダカを水と一緒に戻します。この時新しい水を加えました。お陰でぴかぴかの水となった筈だが、慣れるまでは陰に隠れているようだ。フリーダイヤル

 ところで左の画像は一匹50円のヒメダカ、右は2,000円の楊貴妃ですが、その違いはよくわからない。ちっ(怒った顔)

 この後モツゴ(クチボソ)と青メダカと黒メダカなどの発砲スチロールの水槽4つを同じように掃除して作業は終了しました。午前中3時間の大仕事となった。がく〜(落胆した顔)

 モツゴ(クチボソ)は川魚としては丈夫で、濁った水でも生きていけるみたいです。去年釣ったモツゴを水槽に放り込んでおいたが、寒い冬を乗り越えて30匹ぐらいは未だいそうだ。黒ハート

 川魚はメダカなどと比べて低温水域の魚なので、冬場でも気温の高めの時は、時々エサを食べていました。そのせいか余り体力は落ちていないようです。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 18:00| Comment(5) | TrackBack(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

近くの公園では!

DSC07824.JPG
DSC07831.JPG 日曜日は余りにも天気が良いので、歩いて公園まで行った。歩きでは結構距離がある。目

 公園では河津桜が満開から散り始めている(写真左)。花びらがちょっとピンク色しているのが特徴だ。青空にピンクが映える。かわいい

 公園の池には柳が、うっすらと筆で掃いたように萌黄色に芽吹いている。良い色だ(右)。
 後10日もすると汗ばみ、緑が満載かも。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 21:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

蟹工船〜小林多喜二

img172.jpg 今、この本が若い人に読まれているらしい。
 小林多喜二は明治36年秋田県生まれ、小樽高商を卒業、北海道拓殖銀行に就職し、昭和4年に解雇。プロレタリア文学に目覚め、実際に労働運動にかかわる。非合法下の共産党に入党し、29歳で警察に逮捕され拷問により殺された筋金入りの左翼運動家だ。

 蟹工船は航船ではなく工船であり、ロシア近海まで航海し、東北や北海道の炭鉱や農業の食い詰め労働者を奴隷のように使い、資本家が暴利をむさぼり、海軍もまたこれを保護するという国策産業だった。

 何故今この本が読まれるか?キーワードはワーキングプアー。企業の効率化の下に正規社員は派遣社員や契約社員にハイスピードで切り替えられていく。それでも景気の良い時は労働の多様化などと言われ、好きな時間に働き、好きな仕事に付けると、派遣労働はもてはやされ、ともすると嫌な仕事もガマンしなければならない正社員は敬遠された。

 ただ、今はどうなのか。派遣社員も景気が上向きのときは、決して企業から派遣契約を終了させることは無かったが、この不況下には契約の更新はされない場合もある。解雇ではない、契約留めだと。結果住居を追い出され、ホームレスにならざるを得ない人も。

 こんな状況がまさに高度経済社会での奴隷のようであり、この本が共感を呼んだと言うのだろうか?
確かに、規制緩和やビッグバンに対する無策のの結末かもかもしれない。

 中国製は安いと喜んでいたが、それも次第に高くなり、日本製は高嶺の花だ。
日本の若者は今やや中国の人件費と裸で競争させられていると見れないことは無いが。・・・。ちっ(怒った顔)

posted by シゲ(^-^)v at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

玉突き事故が!

DSC07821.JPG 家の門柱前で車3台による玉突き事故がありました。今日6時40分頃、会社帰りにバスを降りると家の前の県道が車で渋滞。たどっていくと何と家の前の道路が変なことになっている。目

 1台は道路の真ん中でバックをやられて斜めに止まっているし、1台は歩道の縁石を乗り越えて歩道で真横におねんね。丁度我家の家の門柱の前だ。塀まで後60cmぐらい。よく止まったもんだ。ふらふら

 もう1台はここを通り過ぎてサイドをやられて停止している。フリーダイヤル

 どうも、県道の右折しようとしている車が後方からぶっつけられ、その勢いで直進車のサイドに衝突したらしい。写真は右から、横転車、直進車、右折車です。ひらめき

 後方からぶっつけた車は勢いで左の縁石を乗り越え、歩道に横倒しとなったものです。中の運転手は圧迫により救急車で運ばれたときはかなり弱ってたということだ。ちっ(怒った顔)

 その後、救急車や警察、野次馬で大変な騒ぎになり、玄関前が赤灯で点滅するし、まあ、塀や庭に飛び込まなくて良かったなと思いました。ちっ(怒った顔)わーい(嬉しい顔)運転には気をつけましょうね!
posted by シゲ(^-^)v at 21:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

早春の花!


DSC07797.JPG
DSC07801.JPG 庭の植物も競って咲き出しました。それぞれ毎年アップしているが、左は「アセビ」。白色もあるがこれは紅色。薄紅色の釣鐘のような花が連なって咲き、可憐です。黒ハート

 右は「サンシュウ」です。春先に硬い殻が割れると中から小花が開き、そのまた中に線香花火のように黄色い雄しべがはじける。可愛い。わーい(嬉しい顔)  

posted by シゲ(^-^)v at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週は平塚海岸です。

DSC07776.JPG
DSC07778.JPG このところ何処の情報を見ても、海岸からの投げ釣りは厳しいものがあります。とはいうものの、じっとしていられないのが釣り師だ。土曜日は晴れるというだけで平塚海岸へ行ってみた。電車

 然し!前線の通過後で波は高く風もあった。朝一番で海岸に行ってみると、波打ち際で2メートル〜3メートルも波が砕け飛んでいた。釣り人が1グループだけ手をこまねいて海を見つめていた。あせあせ(飛び散る汗)目

 虹が浜からビーチセンター近くまで海岸はこの状態で、波の砕ける音の前にゴーと波の押し寄せる音が不気味だ。でも気温は15度午後から晴れルらしいので、昼から竿を出すことにした。ひらめき

 午後一時過ぎ、波があるので勿論テトラ前で。波があるものの風も治まり暖かく気分は良い。波が西へ流れリールを巻くにも抵抗がある。何回投げてもエサは付いたまま。ふらふら

 海岸を散歩している人の情報だと、市営プール近くで3人〜4人の釣り人がいるも、当たりがないとのこと。そのうち波際でゴミが溢れてきた。西方を見ると確かに濁りが海岸近くまで迫っていた。昨日の雨の影響で花水川から流れ込んでいるらしい。がく〜(落胆した顔)

 思い切って、日頃から懸案となっているキャスティングフォームの改造に入ることにした。2、3投目で西に流れ気味の糸を巻きとると波打ち際で何か付いているのを発見。パールピンクのキスだ。感触からピンでは無いらしい(写真右)。猫

 この後当りなし。目を放してた隙にカラスにエサ箱や仕掛けバックを突かれるはで、今回は2時間半の釣りで納竿とした。キスは16センチとピンはクリアーか。連れに頼み大事に天麩羅とし、半身ずつ塩で食べた。ほんの少しだが美味しい。今年初めてのキスだった。黒ハート

 平塚海岸もサーファーやクラブ活動の学生が増えてきたが、釣り人はまだ敬遠気味か。このところ気温は低いし雨雪も多く安定していないが、 もうちょっとかも知れない。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 13:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする