2009年06月28日

ミニトマトの収穫です!


P1000940.JPG  ミニトマトの収穫は、今回の収穫(写真)で19個になりました。今なっている小さなトマトが全て紅くなると木が2本で100個となる予定だけど、無理でしょうか?目黒ハート

 ミニトマトで気が付いたんだけど、紅い完熟よりオレンジ色のほうが甘酸っぱくて、トマトらしい味でした。やっぱりこれを食べると、スーパーの完熟トマトは無味乾燥、とても食べれません。わーい(嬉しい顔)

 どうでしょうか?このトマトの色付きは。バックは小さいながらも自慢の庭の芝生です。 わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 21:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

プランターの野菜は!


P1000934.JPG
P1000937.JPG 真夏日の今日、突然の訃報で告別式に参列して家に帰ってみると、ミニトマトが紅く色付いていた(左)。目

 やっぱり大きさはピンポン玉程度でした。このうち熟して一番紅いトマトは連れ合いに食べられてしまった。でも5段あるので数は未だありますよ。わーい(嬉しい顔)

 右はパプリカですが、虫に食われているようです。このまま順調に育てば、黄色いパプリカになってくれる予定なんですが。ふらふら
posted by シゲ(^-^)v at 22:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

平塚海岸の投げ釣り!

P1000900.JPG
P1000905.JPG 19日(金)は久しぶりのキス釣り。梅雨の6月ですが、雨もなく半そでで丁度良い熱い一日でした。どんっ(衝撃)晴れ

 ただ今日もやな予感が。海岸には打上げられたゴミが山済み。散歩で通る地元の人の情報は、どれも芳しくない。釣れてないというのだ。ふらふら

 いつものように6時にはポイントへ。波はべたなぎ(左)。錘を軽くするが、やっぱり20号は必要らしい。8時が干潮。その後で右の上、真っ黒い雑巾のような20センチの舌平目。思いゴミが掛かっている感じだった。でもこれはムニエルで美味しい。わーい(嬉しい顔)

 その後右下のイシモチがガツっと22センチ。30センチあれば刺身にいいのだが、これもムニエルサイズ。おかずは確保したが、キスが釣れない。ちっ(怒った顔)

 地元の人の話だと、去年の今頃と違ってポイントが一定しないし、引きも浅く未だ、慎重なサビキが必要らしい。次項有
P1000906.JPG
P1000904.JPG そのうちにヒイラギが連れ始めた。ヒイラギも砂地にいるが、海岸により近いところに居るというう。そしてついにキスが。黒ハート

 サビキの途中で竿先にコツっときたので少し竿先を送り込んでやるとズズっと吸い込んできた。何度かこれを繰り返したら、この2匹のキスは一番下と一番上の針に連で掛かってきた。わーい(嬉しい顔)

 18センチと15センチ。塩焼きで食べるにはまずまずだ。刺身には難しいか。でもキスはかなり太くなってきていた。家で捌いたらやっぱり卵を抱えていた。フリーダイヤル

 平塚ビーチセンターでは、気温は高いが波が無かったので、サーファーは居なかった。逆にもう泳いでいる人も居た。何処へ投げてもキスが鈴なりになるそんな時期が待ち遠しい。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 19:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の日には!

P1000931.JPG
P1000933.JPG 今日はいろいろ忙しかったけど、結局父の日でした。東京と仙台に住んでいる子供達から贈り物が届きました。目黒ハート

 左は小豆島のオリーブの木です。いま小さな実が付いているので、そのうちに赤紫色に熟し、琥珀色のオリーブオイルがいっぱい取れるかもしれませんね。そしたら連れ合いに頼んで、やっぱりイタリアンをご馳走しよう。わーい(嬉しい顔)

 風にそよぐ可愛い葉は「南欧の樹木」らしく、いっぱい光を照り返します。晴れ

 右は会津満田屋のでんがくミソです。この間手に入れた囲炉裏で、焼きおにぎりや、野菜、肉、魚のみそ焼きに付けたら美味しいでしょうね? 
素朴であたたかい会津の温もりですか。囲炉裏パーティが待ち遠しい。モバQ

 父親らしいことは余りやってこなかったので、こちらからもそのうち罪滅ぼししないと。ふらふら
posted by シゲ(^-^)v at 16:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

菖蒲町城址アヤメ園〜7月5日まで


P1000897.JPG
P1000883.JPG 急な休みですが、蒸し暑くて夕方には雷と豪雨が。こんな季節にはすっきりと端正なアヤメなどがいいです。雷

 このアヤメ園は周りはのどかな田園風景に囲まれ、間を水路が流れています。メダカもドジョウも居そうな里山風景でした。あせあせ(飛び散る汗)目

 月曜日なのでお年寄りが多く、アマチュアカメラマンも多かったですね。それにしてもみんな高そうなカメラを向けています。そして携帯の人も。がく〜(落胆した顔)

 アヤメと花ショウブは殆ど同じですが、アヤメは花弁のもとに網目(文目)が、花ショウブは湿地に育つらしいです。

 ぼってりとした花弁に、すっきりと伸びた緑の茎と葉が、一幅の日本画のようです。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 20:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

白メダカはお引越し!


P1000825~1.JPG 今日は室内水槽の白メダカ(左)を戸外水槽へ引越しです。仙台に住む子供の家のランチュウが沢山孵化したので、貰い受けることになりました。室内のメダカは外で頑張ってもらって、ランチュウの子供を育てることになりました。目

 ランチュウのことは良く知りませんが、何でも金魚の王様らしいです。そして見分け方は、背びれが無いんです。だから泳ぎ方は身体をヨタヨタ振って可愛いですヨ。わーい(嬉しい顔)

 今日、ホームセンターで改めてランチュウを見ると、結構いい値をしていました。フリーダイヤル

 これ以上ペットの種類を増やしたら、どうなるんだろう。ランチュウ以外は絶対増やしません。ちっ(怒った顔)
posted by シゲ(^-^)v at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

トマトとブルーベリーとメダカ


P1000787.JPG
P1000784.JPG 先週の旅行疲れで今週は釣りはなし。家にもやることが溜まっています。メダカに花や庭の手入れです。ふらふら

 トマト(左)はだいぶ大きくなりました。今ピンポン玉ぐらいですが、品種は「中玉」です。未だ大きくなると思うけど。解説書の通り追い肥をして株下に土を寄せておきました。かわいい

 トマトの勢いの良いわき芽を挿し木にしたら根が着いているようです。これで今年は長い期間トマトが食べれるかもしれません。わーい(嬉しい顔)

 ブルーベリー(右)は2本ありますが、小さいほうの一本が一部熟し始めています。でも随分ばらつきがあるようだが。食べると甘くなっているのだろうか。未だ収穫はしません。もうやだ〜(悲しい顔)

P1000809.JPG  メダカは今、繁殖用は一つの水槽に少なく入れたほうが、逆に良く抱卵することが分かりました。大体選抜した4匹が理想です。ムード

 赤、緋、青、白、黒の5種で毎週ホテイ草の卵を点検し、2週間で孵化させるサイクルです。孵化用のプラケースを2倍の10個用意し、1ヶ月ごとの稚魚を1つの水槽にまとめ飼育しています。目

 5月の稚魚は40匹ぐらいいますが、水質管理が悪いと、あっという間に減ってきます。エサをあげすぎると水が濁りますが、少ないと餓死したり育たない結果となります。もうやだ〜(悲しい顔)

 左は4月に生まれた白メダカです。生まれたときは3ミリぐらいだったものが、横から見るともう一人前のメダカです。現在は1センチぐらいか。フリーダイヤル

 ここまでになると簡単には死にません。年間100匹ぐらい越年させるのが夢ですね。そしたら誰か貰ってください。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 20:39| Comment(3) | TrackBack(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

奥州は前沢町(その2)

P1000618.JPG
P1000607.JPG 6月6日(土)は中尊寺から前沢町へ。前沢牛で有名で北上川が中央を流れる。中心街の街灯は「牛」です(左)。目

 とに角前沢牛が食べたい。私達は雑誌で見た和風レストラン「かおる」へ。畳の上で落ち着いてステーキ丼を頂きました。黒ハート

 私の感じでは、米沢牛と違って前沢牛はソフトで口の中でとろけそう。米沢牛はもっと歯応えが。前沢牛はしつこくなくご飯にあいますね。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

奥州平泉は奥が深いです!(その1)

P1000631.JPG
P1000628.JPG 子供が仙台にいるので6日(土)はちょっと足を伸ばして平泉に行ってきました。藤原氏が開いた平泉として一度はその歴史に触れたいと思っていたところです。目

 中尊寺の一帯には10以上もの御堂が建立されていて、一日中かけてゆっくり参拝するのが良いと思います。杉の御神木やモミジの大木などが多く鬱蒼としており、夏は涼しく、秋は紅葉が堂の甍に映えるのではないかと思います。わーい(嬉しい顔)

 左は国宝金色堂です。総金張りの阿弥陀堂は撮影禁止で、現在の覆堂は同じ位置に昭和に建設、阿弥陀堂を収め、元の木造の覆堂は近くに移築してありました。でもこれはこれでいいものでした。猫

 とに角、阿弥陀堂には藤原四代のミイラが納められているとは、凄い。また、800年以上後の修復には当時に負けないぐらいの技術を集め、芸術的にも傑作な代物だと言う。がく〜(落胆した顔)  
 
 右は本堂、連れとお参りをしてきました。おみくじは小吉と出ました。ご本尊は阿弥陀如来です。犬

img174.jpg
img173.jpg 左は純金張りの阿弥陀堂(パンフレットから)です。右は朱印帳です。一緒に行った子供達が御朱印張を持っていたので刺激され、国宝金色堂に参った機会に写真の朱印長を購入しました。社寺に参った証として本尊の名と日付を記帳してもらうものです。わーい(嬉しい顔)

 表紙のデザインは金銅華曼(ケマン)。銅に透かし彫りを施した、彫金工芸です。全国の朱印帳にはなかなか面白いものもありますね。
 金色堂の脇にある讃衛蔵には奥州藤原氏の遺宝など重要文化財がたくさん収蔵されていますが、金銅華曼も国宝として、収蔵されていますよ。わーい(嬉しい顔)

 続きは同じ岩手の前沢に立ち寄ります。わーい(嬉しい顔)
 
posted by シゲ(^-^)v at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする