2010年06月27日

プランター野菜とメダカたち


P1040029.JPG
P1040023.JPG ゴールデンウイークに植え付けしたプランター野菜は、そろそろ2ヶ月が経ちます。そろそろ収穫の時期では。目

 今年のナスの品種は「京都山科」と言うことで、ちょっとこぶり(右)。賀茂ナスみたいにちょっと短め。これから連れに「塩揉み」してもらい食べます。わーい(嬉しい顔)

 ミニトマト(左)は手前が「フルーツトマト」で奥が「スイーツミニ」。まだ一つも食べていませんが、連れは一つ落ちたので食べたと言っています。ふらふら
P1040025.JPG
P1040025.JPG イチゴ(左)はピンク色の花が咲く品種で花も楽しめます。いつになく今年は収穫が多く、もう随分採りました。わーい(嬉しい顔)

 ポイントとしては、付いた実は地面に触れさせること無く、出来るだけプランターの外に出すか、家では石や瓦のかけらを敷いています。石垣イチゴみたいにね。右はブルーベリーです。やっぱり受粉しないと粒が揃いませんね。ー(長音記号2)

P1040046.JPG 6月のメダカはどこでも産卵ラッシュです。魚類は食いが盛んなので、釣りもこの時期良く釣れるはずなんですが。もうやだ〜(悲しい顔)

 写真はすくった白めだかですが、オスメス良い具合にセットしているのに、今年はまったく抱卵しません。替りに「パンダメダカ」の良いメスに出会ったので、稚魚がどんどん増えています。わーい(嬉しい顔)

 今年のメダカの稚魚は、楊貴妃メダカ、パンダメダカ、青メダカ、緋メダカでしょうか。繁殖も結構忙しいので、黒メダカは今年はお休みです。次回は稚魚の様子をアップしますね。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 19:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

平塚海岸の投げ釣り


P1030978.JPG
P1030983.JPG 雨続きで18日も天気が心配だったが、午前中は何とか雨は降らなかった。いつものように朝5時には海岸へ。目

 風も無くどんより曇った天気は釣りには絶好なんだが、このゴミは凄い(左)。まずはテトラ西側から第一投。やっぱり仕掛けにゴミが絡まる。ふらふら

 サーファーを避けて扇の松下へ。でも段々ゴミが波打ち際に近付いてきたのか、最後の巻上げのところでよっぽど注意しないと大きなゴミを拾ってしまう。

 そして最悪の事態が。ゴミがガイドに詰まりヅボラをして取らなかったら、ラインが途中で切れた。それも力糸のかなり手前だった。ショック!この間交換してまだ2回目の釣行だった。もうやだ〜(悲しい顔)

 替えも無いので錘を軽くして、更にプール下東へ移動。相変わらずゴミは凄い。置き竿にすると運動会の万国旗みたいにラインにぶら下がる。海苔のようにべっとり絡みつくんです。ちっ(怒った顔)

 そして午前9時過ぎて止めようかと思った時、さびいてきた手元がグイっと引かれた。すかさず合わせるとグググっと更に。キスとは思えないが大きな引きだ。波打ち際のゴミに気を付けながら慎重に上げると、肩幅のがっしりしたイシモチだった(右)。わーい(嬉しい顔)

 今日は、ビーチセンターの方から移動していったが、海岸の釣り人を探すと花水川寄りで多かった。恐らく雨続きと海のウネリを読んで皆んなキスをあきらめていたのかも。

 今度は一度花水川寄りを攻めてみよう。イシモチは家で計測してみると28センチのオスだった。3枚におろし妻にムニエルを依頼。ふっくらとして、美味しかった。ちょとフランス料理のスズキのムニエルとあまり変りません。ビールも進んでしまいました。レストランビールわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 18:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

二宮町せせらぎ公園「蛍の鑑賞会」


P1030922.JPG
P1030928.JPG 前から一度行ってみたかった二宮町の「せせらぎ公園」で、蛍の鑑賞会に連れと行ってきました。目

 せせらぎ公園は竹下総理が提唱した「ふるさと創生」の一億円により二宮町が山間に天然の源氏ボタルをこの地に育成したらしいです。わーい(嬉しい顔)

 公園には湧き水が山あいに流れ込み、花菖蒲とアジサイが咲き誇っています。清流には蛍の餌である巻貝のカワニナがいなければいけません。そのため花菖蒲なども害虫の消毒薬は一切散布できないんですよ。ふらふら

 蛍は子供の時に地元で見ましたが、それ以来何十年も見ていません。手のひらでまあるく光っていた、黒に赤地のあの蛍がいるなんて。黒ハート

 せせらぎ公園は午後5時にいったん閉園し、この「蛍鑑賞会」の時には午後7時より開園します。この頃の日没は午後7時ごろなので、入園した時はまだ出没していません。夜

 そして午後7時20分ごろ2匹〜3匹と。遠くの水辺でかすかに光ります。20秒位の間だけど強い光弱い光と、なかなかカメラには撮れません。あちこちに光ったとき子供たちの歓声が、そして誰かが手の平に掴み暫し光って飛び立ってしまいました。ひらめき

 町の担当者によると、今日はおよそ120匹が乱舞していたようです。昨日は80匹とのことなので、湿度も温度も上ったのか。都会のネオンやLEDに慣らされている私らにとっては、この頼りない灯りはどうなんだろう。蛍の愛の行動とは言うけれど。わーい(嬉しい顔)

P1030956.JPG 蛍の光をデジカメで撮るのも難しいモンです。左はかなり近づいてきたときのワンショットです。黒くてなんだか見えないですよね。ワンクリックで拡大してお楽しみ下さい。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 21:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平塚海岸の釣り


P1030901.JPG
P1030912.JPG 4日(金)平塚海岸へキス釣りに行ってきました。夜明けは4時半頃、5時に海岸へ到着した時は既に明るい。無風で波も無く投げやすい。この時間はまだ釣り人は少ないが、散歩の人が三々五々。目

 3色4色付近がターゲットだが、フグが多いのか置き竿にしていると良くハリスが切られた。時に根掛りのように引くが、ちょっと動き針が切られている場合も。隣の釣り人を見ていたらなぞが解けた。どうもウミヘビのようなものを釣り上げている。平塚の浅瀬に最近アナゴのように海底から顔を出しているウミヘビのようなものが、投げ釣りに掛かるらしい。ふらふら

 でも6時ごろに1匹、8時ごろに1匹、何とかキスの顔を見れた。型もかなり良くなってきている。地元の人の話では顔を見ずに早めに帰り、翌日又来るというパターンが多いらしい。もうやだ〜(悲しい顔)でも気温が落ち着けば水温も上り、浅瀬に上ってくるだろう。グッド(上向き矢印)るんるん

 家に帰って測ってみると、16センチに17センチ。お腹を開いてみたが、卵はまだ小さかった。でも妻と食べた塩焼きはうまかった。ビールもまた進みます。ビールわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 18:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする