2010年12月26日

メダカと干し柿とサンタクロース


P1050464.JPG
P1050472.JPG 今日はこの辺りでは、霜柱が立っています。ダッシュ(走り出すさま)水温は日陰で3度、日向では7度です。雪

 メダカは発砲スチロールで防寒しているものの、晴れている日は出来るだけ日光浴。結構この季節でも水面で泳いでいますよ(上)。黒ハート

 本格的に越冬に入ると餌は遮断して、底にうずくまっています。身体は細くなっても冬が明けるまでは、じっと我慢の子ですね。ふらふら

P1050455.JPG 干し柿(江戸柿)はベランダに干してから丁度一月位経ちました(左)。少しずつ食べていますが、私達にとっては今が食べ頃です。あと10日位でちょっと固めの本格的な干し柿になります。それにしても水分が抜ける度に甘くなって来ています。わーい(嬉しい顔)

P1050486.JPG 先週クリスマス前に久しぶりに渋谷に出たときは、イルミネーションは輝き、いつもの通り凄い人出で、不景気は感じさせませんでした。ひらめき

 我が家のクリスマスらしいものは、赤く咲いたシャコバサボテンとシクラメンに、この白い雪ダルマのサンタクロースです(左)。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 11:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

寒い晩は火鉢を囲んで!


P1050420.JPG 朝晩はここ埼玉でも底冷えがします。なので、火鉢(囲炉裏テーブル)をセッティングすることになりました。時間掛けて準備するのも楽しいです。目

 囲炉裏に炭をおこしますが、この作業が一番大変です。備長炭を火熾しに入れ、ガスコンロで20分ほどかかります。どんっ(衝撃)

 炭が赤く熾きたら囲炉裏に移し、炭を追加して火力が強くなるのを待ちます。今回のネタは、アユ、殻付きカキ、椎茸、カキ餅、ジャガイモなど。レストラン

 本当は自分で釣ったキスを、串に刺して焼いたら最高なんだろうけど。アユを囲炉裏に立て時間を掛けて、まったりと焼いて食べるのは、スローライフのまね事です〜。40分ほどで水分が抜けて、カリカリっと。眠い(睡眠)

 赤々と熾きた炭に手をかざしじっと見ていると、冬の子供の頃を思い出しました。あの頃へ・・・。黒ハート

P1050427.JPG 網の上ではかき餅たちが、大変なことに。ぷう〜っと膨れて脇の餅とくっ付きあっていますよ。うらやましくはないですけど。ムード
 
 アユの塩焼きを頬張りながら、古女房と熱燗で乾杯。いろいろ騒がしい世の中ですが、今年も確実に暮れていきます。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 12:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

キスは何処へ?


P1050407.JPG 16日から冷えるらしいので、15日(水)は平塚海岸へ行ってみました。気温は上るのだが、雨の後なのでどうだろうか?目

 朝7時にはいつものポイントへ。だがゴミが大量に海岸へ打上げられています。風はないものの、波が高目で西側からウネリを伴って押し寄せる。おまけにゴーという波の悲鳴が聞こえる。やばい!がく〜(落胆した顔)

 でも投げれない訳ではないので開始するが、いつも地元の釣り師が近くに来るのに来ない。
投げる!ひや〜!ゴミがラインに万国旗のようにベッタリとからまる。運動会には遅すぎると。もうやだ〜(悲しい顔)

 9時頃まで粘っても、イシモチが一匹。一人テトラ前に釣り人が来ました。釣況を立ち話。彼が言うには新港はどうかと。あそこまで移動するのもしんどいし、釣れる保証もないので、扇の松下へ小移動しました。次項有

 ここでもゴミは付くものの、時々小気味良い引きが。ウネリがあるときは「胴突きキス仕掛け」らしいので交換したら、当たりがじかに伝わる。やっぱり小ぶりのイシモチだった。でも遊ばせてくれるので、釣れないよりはいいか。黒ハート
P1050411.JPG そのうち、真っ黒い雑巾のようなものが上ってきたと思ったら、良く見ると「牛の舌(舌平目)」でした(左)。24センチあり食べるにはまあまあ。レストランビール

 ラインが西からの波に流され、上ってきたのが画像下です。細いヒゲのような鰭のようなものがアゴからはえた、初めて見る魚です。むかし葉オコゼに刺された経験があるので、ひげに触らないようにして、捕獲です。22センチある。インターネットで調べたら、「ツバメコノシロ」とありました。わーい(嬉しい顔)
P1050414.JPG 初めて釣った魚なので、どんな風に調理して食べようかと思ったが、やっぱりさしみに。小骨が少ないので刺身にしやすく、皮を引いた後の色がピンクでなかなか食欲をそそる(左)。
風貌とは違い、適当に脂が乗り、喉越しの良い刺身でした。またまたビールが進みます。ビール

 キス釣りは、今後水温が急激に落ちるので、個人的には今年は納竿としますが、日中ぽかぽか陽気があれば、投げ練習はありでは。今回は初めてのお目にかかった魚と遊んだので、良しとしましょう。わーい(嬉しい顔)exclamation×2

posted by シゲ(^-^)v at 19:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

平塚海岸の投げ釣りと「めしや大磯港」


DSC00540.JPG
DSC00543.JPG 12月月初には平塚海岸のキス好釣との情報が多いので、5日(日)に平塚海岸に来てみました。が〜!がく〜(落胆した顔)前々日までの波浪警報と強風注意報のためか、砂浜はゴミだらけです。目 

いつものように朝日が昇る頃ポイントに到着、波と風は治まって静かな夜明けを迎えようとしていますが、地元の釣り人の出足が遅いので、ちょっと心配です。さすがにこの時期太陽が出る前の朝は冷え込む。もうやだ〜(悲しい顔)

 そして一投目は小さいが確実な引きが。上ってきたのは、おなじみの黒鯛の幼魚でした。だけど元気が良い。バケツの水に入れた魚体はなかなかつかめない。ちっ(怒った顔)

 その後、フグの2連の下にキスガしっかりと。暖かくなってから地元の釣り人が様子伺いに。海岸一面に打上げられたゴミに戦意消失したり、キスが余りつれていないのを確認して、我が家へ帰っていきました。釣っているのは遠来組だけです。ふらふら

 結局キスは15センチまで3匹で、前回より更に厳しいものとなりました。(右)。今回も在庫分とあわせて、天麩羅で頂きました。わーい(嬉しい顔)

 今回は、釣り道具の仕舞い仕度をしていると、このブログにも良く書込みをして頂いていている「ぼんちち」さんから声を掛けられ、ご挨拶の後暫く立ち話をしました。黒ハート

 ぼんちちさんは「プール下」のポイントで釣行したものの、イシモのみだったので、テトラ脇へ移動してきたそうです。今度は一緒に釣りして、釣り技を教えてもらいたいものです。わーい(嬉しい顔)

DSC00527.JPG 前日は連れと大磯港に4月オープンした「めしや大磯港へ行ってみました。港内の岸壁では家族連れの釣り客が。その極近い場所に始めて見るお店があります。開店(11時30分)30分前にはお客が並び始めたので、慌てて列後ろへ。がく〜(落胆した顔)

 このお店は開店後B級グルメとかで、新聞TVで取り上げているため、行列が出来ていると言うことです。その秘密は、何しろ漁協の直営店なので、競りに出す前の一番良い魚が仕入れ出来るところにあるそうです。
だから、調理されるものは港に水揚げされた地魚のみ、でも、昼は定食のみ、それも食数は限定ですよ〜。わーい(嬉しい顔)
DSC00529.JPG
DSC00533.JPG 私達は天気が良いので、テラス席で頂きました。私は「刺身定食」、ヒラメ、スズキ、カンパチ、カマス、アオリイカ等に魚フライです。やっぱり今朝水揚げされた魚はうまい。分厚くてしこしこ、漁師の特権か? というので、やっぱり生ビールを戴きました。わーい(嬉しい顔)

 連れはというと、「煮付け定食」です。刺身、魚フライにカワハギの煮付け。う〜ん、肝が大きくタレに絡んで濃厚なホアグラのよう。ちょっと戴いてビールです。ビールわーい(嬉しい顔)

 魚好きにはたまらないお店です。駐車場も完備しているので、一度どうでしょうか。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 16:54| Comment(9) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする