2011年02月27日

松田町桜まつりに行ってきました


P1050810.JPG JR御殿場線の松田駅からシャトルバス10分の足柄の丘陵地に早咲きの桜が咲いているとの情報に、大磯港の釣りの翌日に行ってきました。
ここ松田町西平畑公園には、自然館、ハーブガーデン、子供の館があり、頂上から桜林の散策路を通って麓に降りられます。目

P1050821.JPG
P1050857.JPG 
 頂からは桜と富士山と箱根連山のパノラマが広がります(写真)。夜はライトアップされるそうです。
それにしても高台から見る富士山はいつ見てもいいです。開催は3月13日(日)まで。黒ハートるんるん


P1050837.JPG (おまけ)自然館では松田町や酒匂川の樹木、野鳥、昆虫の資料の展示とふれ合い工作を開催しています。
ちょと連れとどんぐりで遊んでみました。なかなかいい感じ。こんなの子供は好きですよね。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 12:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

簡単!ブロッコリースプラウトを育てています(その2)


P1050918.JPG ブロッコリースプライト12日目となりました。容器一杯に伸びてきています。もう少しで食べ頃の大きさとなります。この後5センチぐらいになったら日光に当てれば、葉が緑色になりますね。目


P1050923.JPG こちらは同時期に育てているルッコラのスプライトです。何かこちらの方がいい感じです。素直に伸びていますね。黒ハートるんるん

どちらも無農薬の水耕栽培なので、早くサラダで食べてみたいです。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

柳の下に二匹目のドジョウはいなかった!


DSC00941.JPG このところ雪が降ったりで、痺れを切らしていたので、晴れ間を狙って釣行しました。22日(火)は前日に続き強風が時々吹いていましたが、意を決して前回大漁だった大磯港へ。目るんるん

 しかし、気温は暖かかったものの一日中強風が吹き釣りにくかった〜。大磯港の堤防には、それでも風下によける人もあり釣師が10人はいたと思う。チョイ投げ、、探り、ウキ等やっぱりいまひとつか。フリーダイヤル

 こちらはというと、前回のポイントに陣取るも当たりが全くない。強風の影響でウキが落着かない。この前の引きは何処へやら、やっぱりウミタナゴは、静かな波の日でないとだめらしい。
そのうち地元の人が、近くで岸壁に付いた昆布を長竿で剥ぎ取りに来るし、こっちの収穫のほうがいいかも。ふらふら

 それではと短竿にリールでテトラの穴を狙います。ここは大きいテトラだけど、若いときと比べテトラの移動が結構きつい。体力いる〜。
そういえば若いときテトラを移動中、クーラーを背負ったまま一気に穴に落ちても、奇跡的にかすり傷もなく無事だったことを思い出しました。
ちょっと危険かな〜。それにいい穴も無さそう。もうやだ〜(悲しい顔)
 
今回二匹き目のドジョウを狙いましたが、ボーズ、見事撃沈でした。この時期なかなか簡単には釣らさしてくれないが、懲りずに次回リベンジを計画中です。わーい(嬉しい顔)

DSC00950.JPG この日平塚の海岸はこんな感じです。ナモトはそれほどでもないが、低気圧の余波かゆったりとうねった波が、遠くから押し寄せてきます。今週は太平洋沿岸だけが、荒天となり海のレジャーはイマイチでしたね〜。ダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 12:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

簡単!ブロッコリースプラウトを育てています(その1)

 NHKTVでスプラウトの栽培方法を放映していました。簡単なのでトライしてみます。
スプラウトはカイワレ大根等でおなじみですが、その栄養価は成長して大きくなったものより高いそうです。特にがん予防と若返りに効果的というので、早速挑戦です。わーい(嬉しい顔)るんるん

P1050800.JPG 
@ホームセンターなどにスプラウト専用の種がありますので、購入しました。
A種を一晩水に浸し、発芽を促します。この時未熟な種は浮かんでくるので、取り除きます。
Bプラスチックパックやガラス容器にキッチンペーパーなど水を含むものを底に敷きます。
C水に浸した上に種をまんべんなく敷き詰めます(写真上)。目

P1050802.JPG 撒いた種はアルミホイル、新聞紙などで蓋をし、暗い状態で部屋の暖かい場所に置きます(写真)。
水に浸すと種の幾つかは皮がむけ、芽が出る準備に入ります。
この後、毎日霧吹きで水分を与え、水を切らさないようにします。ダッシュ(走り出すさま)

P1050803.JPG
3日〜4日で右の写真のようになりました。全て発芽が完了しています。最初種を撒いた時はまばらだった感じがしましたが、今は窮屈な状態ですね。がく〜(落胆した顔)グッド(上向き矢印)



P1050807.JPG
7日経った今日の状態です。茎は3センチほどに伸びています。この後容器と同じ高さぐらいになったら、
室内光に当て、葉が緑色になったら収穫しようと思います。レストランるんるん

 冬場は室内の温度が低いので、成長も遅れるようですが、出来るだけ茎を伸ばし食べる直前で日光に当て、葉を緑色にしてから収穫するとTVでは言っていましたが、そのタイミングが難しそうですね。わーい(嬉しい顔)〜続く〜
posted by シゲ(^-^)v at 17:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

梅見で一杯!(曽我梅林)


DSC00823.JPG
DSC00829.JPG 大磯港の釣りの翌日、小田原市にある「曽我梅林」に連れと梅の花を見に行きました。梅まつりは2月28日までです。目

 小田原「曽我梅林」はもともと観賞用ではなく、梅を採る目的で畑に植えたもので、広大な畑地に35,000本の白梅が植えられていて、全て見るには結構歩きます。現在8部咲きとのことです。モバQ
 私達は甘酒とソフトクリームを食べながら、散策コース(3.7`)を歩きました。富士山が背景に見えなかったのが残念です。わーい(嬉しい顔)

DSC00801.JPG
DSC00798.JPG 昼ご飯は近くにある焼き鳥、釜飯屋の「鳥ぎん」に入りました。なかなか古そうで落ち着いた店構えだ(左)。目的は一つ一つ炊き上げる釜飯です(右)。レストラン

 カウンターから厨房を見ていると、小さい釜がいくつも横に並び、注文と同時に火が点火される。なので出来上るまで30分かかるのだ。やっぱりこれを待って焼き鳥をつまみながらビールを戴きます。ビール

 わたしは「あさり」、連れは欲張りなのでいろいろ入った「」です。おこげも出来て釜で炊くご飯はやっぱりうまい。
こんなところで釜飯が食べれるなんて、連れがインターネットで探しまくってくれたお陰です。感謝。黒ハートわーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 18:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

大磯港の釣りは面白い!


DSC00831.JPG 9日(水)は釣りに来ました。午前中は雪模様の荒天なので、午後を予定します。今回は平塚海岸のキス釣りはお預けとし、大磯港でウキかちょい投げ釣りです。目

 予定通り、午後からは風もなく結構暖かい。正面の岸壁には先客が3名ほど。バケツにはシコイワシが入っていました。こっちはテトラやヘチ回りで、居付きの魚を狙うことに。たらーっ(汗)

 延べ竿にウキでジャリメを付けて、第一投。ウキ下は2ヒロ位で結構深い。更に干潮で岸壁から水面まで結構な高さだ。初めてのウキ釣りなので何が掛かってくるか全くわからない。
で〜、ウキがチョンギューンと消しこんで慌てて合わせると、上ってきたのはウミタナゴでした。黒ハート
DSC00838.JPG
 ウミタナゴは鱗がパールピンクに輝き、冬場は身が締まって美味しい。その後2回に1回は引きがあり、4時までの2時間半で14枚と思わぬ好調振りでした。他の魚は居ないらしい。地元のシニアの方が集まってくる、野良猫もおこぼれに預かろうと回りを取り囲む。あまり近くで釣るとギャラリーが多く気になって釣りづらいな〜。ふらふら

 ウミタナゴもテトラ付近にポイントがあったらしく、その辺りにウキを流すと反応が確実にあった。この魚は15センチ〜16センチだが、体高があるので引き込む力は結構強く、ぐっとこらえて最後はごぼう抜き、緊張して面白い〜。るんるんグッド(上向き矢印)

DSC00843.JPG
DSC00844.JPG 大磯港は平塚港と比べると魚種も多彩で、魚影も濃い。地元の人の話では、昔は黒鯛が近くをピチピチ跳ねていたという。現在は漁協が黒鯛の稚魚を放流して、これが居ついていると。キスマーク

 ウミタナゴの身は軟らかいが、今日は塩焼きと刺身に。残りは開いて塩を振り、天日干しです(下)。一夜干しを軽く炙れば、きっと日本酒に合いますよね〜。わーい(嬉しい顔)

DSC00845.JPG 
posted by シゲ(^-^)v at 14:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

ぽかぽか陽気にクチボソ釣り


DSC00776.JPG 今日は3月頃の陽気とか。海釣りもいまひとつなので、近くの公園に行き、気になっていたクチボソ(モツゴ)の様子を見に、釣竿を持って暖かくなった11時ごろ出かけました。池の北側では既に5人〜6人が竿を出している。目

 この池は中央が土砂で浅く、ポイントはヘチなのでみんな延べ竿を60センチ〜70センチに改造し、足元を釣る。この時間でも中央は氷が残っているが、ヘチは溶けて釣りはできそう。雪

 先客のバケツの中には釣れたクチボソが入っているので、近くに釣り座を構えさせてもらう。
当たりがない!が、その内もぞもぞと。夏場はピョコピョコとウキが反応したのに、針掛かりは難しそうです。ふらふら

 でもウキが流れて反応が出てくるポイントを見つけてからは、そこを重点的に攻める。上ってきたクチボソは何とも小さい。5センチ位だろうか?それも3回に2回は水面でポロリ。午後からは時折水面にさざ波が立ってきたので、2時には撤収としました。ちっ(怒った顔)

DSC00781.JPG 今回は今年初めてのクチボソ釣りでしたが、釣り物はワカサギみたいに小さいが、自然の中で五感に刺激を貰い、緊張させてくれました。冬でもピチピチと小さく跳ねる魚君に有難うと言いたいです。黒ハート

 結局今回はブルーギル1匹とクチボソ8匹で終わりました。でも家から近いので手軽が一番です。これからも海に行けないときは、ここで楽しもうか。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 17:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 川釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする