2011年12月30日

今年の釣り、有難う!

DSC07475.JPG 年末なので、今年の釣りを振り返ってみました。目
キス⇒69匹
メジナ⇒53匹
ウミタナゴ23匹
キスは平塚海岸、メジナ、ウミタナゴは大磯港です。

 昨年は、
キス⇒167匹 です。
全て平塚海岸でした。

 昨年は、キス釣りでの釣果は6月から始まり、11月まで釣れ盛りました。
今年は、年前半の貧果を予測して、大磯港でのメジナ、ウミタナゴ釣りに切り替えました。
 でも、期間は同じなんですが、今年のキスの釣果は約100匹も激減でひどいもんです。もうやだ〜(悲しい顔)
その分、前半はメジナとウミタナゴに遊んでもらって、楽しかったですが。わーい(嬉しい顔)
 来年も、釣れない期間はキスにこだわらないで、あるいは平塚海岸にこだわらないで、「大磯港」と「大磯海岸」を加えて、年間を通して釣りを楽しめるようにしたいと思っています。グッド(上向き矢印)るんるん

 取りとめの無いこのブログ゙ですが、訪問して頂いたり、書込みして頂いた皆さんには深く感謝いたします。一年間、いろいろなことがありましたが、お陰さまで張りのある年となりました。
来年も皆さんが、趣味やブログを健康に続けられますようお祈りします。わーい(嬉しい顔)黒ハート
posted by シゲ(^-^)v at 17:59| Comment(8) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

公園の木々も・・・

P1070050.JPG
P1070063.JPG 良く「クチボソ」を釣りに行く近くの公園に、初冬の風景を見に行きました。南口では相変わらず「ジャングルジム」で遊ぶ子供たちの声が元気です。少し行くと池を南北に眺め、正面に橋が架かるお気に入りの景色です。(左)空の青は気持ちを爽快にしてくれる。目

 正面のメタセコイアは大木で、一面はメタセコイアの赤絨毯。太い根が張りめぐられています。(右)しかし、針葉樹の紅葉も積もり積もってすごいもんですね。わーい(嬉しい顔)

P1070076.JPG
P1070079.JPG 池を周回して戻って来ると、武蔵野の里山をそのまま残した風景が見えます。(左)子供の頃夕方遅くまで、カサカサ音のする落葉を踏みしめて遊んだ記憶がよみがえる。何故か乾いた葉擦れの音が好きです。ダッシュ(走り出すさま)

 この時期寒いので、「ヘラ釣り師」が少ないが、今日は一人居ます。(右)余り釣れているようには見えないが、水溜り?さえあれば糸をたらしたくなる習性でしょうか。どんな季節でもじっと耐えている魚が底に居ることは確実です。そして日並みの良い日には餌を狙っているはずです。たらーっ(汗)
早く釣りがしたいですねグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 18:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

今年の納竿は、やっぱり大磯港で・・・

DSC02039.JPG 今年最後の釣行は「大磯港」にしました。平塚海岸のシロギス釣りと違って、必ず何か釣れそうだからだ。21日(水)は午前8時が干潮なので、8時にはポイントへ到着です。でも〜???、ポイントの脇では工事船が爆音を出し工事中です。大磯港は以前から湾内の工事を手がけて居るのは知っていたけど、長いね〜。おまけに好きなポイントには先客が・・・。先客に挨拶して、様子を見ます。目

 この日は、寒くて雲が多いものの風と波が少ない、穏やかな一日でした。暫く先客の隣で釣っていましたが、先客が移動した(気分を害したか?)ので、いつもの釣り場から狙います。早朝は濁りが出ていたが、日が高くなると水中が良く見え、コマセを撒くと一斉に小魚が。おまけにボラの集団が水面をかっ歩し出す。その一番海底には小メジナが群れているのが見える。コマセが消えるとどこかへ隠れるようだ。ダッシュ(走り出すさま)

 とに角コマセをドカドカ撒いた。この日は堤防付近より沖目に当りがあったが、ヒイラギがスレで掛かってくる程えさ取りが多く、ウキがピョコピョコ動く。たまにメジナが掛かっても春のような明確な当りは無かった。ふらふら

DSC02046.JPG それでも満潮前の昼までに6匹、満潮(午後一時頃)後に3匹を追加して、15センチ未満の木っ端メジナを9匹釣りました。
今回20センチ級は上らなかったが、やや穏やかな海で、ポツポツと上るメジナと遊べたので、今年最後の釣りとして、満足しました。わーい(嬉しい顔)

 メジナは貪欲で相当な悪食と思っていたが、家で捌いてみると大量の餌が堅く詰め込まれている。冬に備えているんだろうけど、それにしても「コマセ」も割高だ。この日は飼い主が庭の鯉に餌を上げている状態でした。ちっ(怒った顔)
posted by シゲ(^-^)v at 14:07| Comment(9) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

初めての「アルパ」に痺れる!?

arpaphoto.jpg 近くの文化センターでアルパ奏者「上松美香」のコンサートがあったので、ツレと行ってきました。中南米の民族楽器ということは分かっていたのですが、音色を聞いたたことが無かったわけです。ハープより軽く、どうも女性の奏者が多いらしい。目るんるん

 アルパ(arpa)はスペイン語で「ハープ」のことらしいです。ヨーロッパ等で弾く「ハープ」はクラシックですが、「アルパ」はスペイン人が持ち込み改良されて、中南米の現地人に広く楽しまれてきたようだ。
とに角、ハープと違って爪で弾く(かきむしる)ので、激しくあるいは琴のように繊細で音色がクリアーです。
そして、マイナーな音色が日本人にも受け入れやすい。ウクレレ等のような物悲しさを誘います。失恋黒ハート


uccy9007agematsu200.jpg 上松美香はパラグアイ最大の音楽祭「グアランバレフェスティバル」にて金賞を受賞。わずか15歳でパラグアイに渡り、まだ29歳ですが、自作の楽曲も多くアルパ奏者として活躍しています。コンサートはアルパを中心に、ギター、パーカッションによ情熱的なステージとなり、感激でした。グッド(上向き矢印)

演奏曲目はお馴染みの曲に年末らしくクリスマスソングを交えて、わたしらの忘年コンサートにぴったりだ手(チョキ)
Pajaro Campana(鐘つき鳥)
humahuaquen~o(花祭り)
Tren lechero(牛乳列車)
El condor pasa(コンドルは飛んでいく)
Moliend cafe(コーヒールンバ) 
クリスマスソングなど…

 今年はいろいろあって、公私&釣果も含めて余り良い年ではなかったけれど、最後に素晴らしい音色の楽器に出会えて、頭の中のもやもや感が最後に吹き飛んだ感じの一日でした。そうだ、DVDを買ってくればよかった!わーい(嬉しい顔)   
posted by シゲ(^-^)v at 16:38| Comment(4) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

松田山の夜景とイルミネーション

kirakira-festa1.jpg 神奈川県松田町「松田山ハーブガーデンは山の中腹にあり、眼下には足柄平野や相模湾そして富士山が望める。そして春は「桜まつり」、冬は夜景とイルミネーションが飾られます。イルミネーションと夜景が一緒に楽しめるということなので、ツレと行ってきました。目ぴかぴか(新しい)

DSC01886.JPG 午後5時になるとイルミネーションが次々に点灯され、遠くに夕焼けに染まる富士山が。薄暮のゴールデンタイム、足柄平野の各家には、ポツポツと灯りが点る時間です。ぴかぴか(新しい)
 イルミネーションの中に夜景の灯りが輝き、カップルには素晴らしい環境ですが、風のある日は寒いので、暖かくして出かけてくださいね。わたしたちは、ストーブの脇で焼き鳥をおかずにいつもの缶ビールでした。ムードわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 17:51| Comment(9) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

平塚海岸のシロギス釣り

DSC01856.JPG 雨続きですが、7日(水)は晴れて天気も良さそうなので、平塚海岸へ釣りに行ってきました。晴れ
前日のリサーチだと、テトラよりはゴミと魚の反応なく、「扇の松下」以西はゴミ無しなので朝7時には、「扇の松下」へ。風も無く波も静かなので寒さも感じない。目

 だが、ゴミは無いがここでも魚の反応が無い。それにウネリはあるらしく、仕掛けが良く絡む。時が過ぎて、テトラ付近の人が自分を通り過ぎて西へ移動だ。今日の干潮は8時41分。今日はボーズかなと思ったが、それでも10時30分頃(上げ3分頃)に3色付近でかすかな当りが。暫しサビくのを止めて様子を見る。巻き上げてみると、キスの連です。わーい(嬉しい顔)

 下の針は飲み込まれ、中針は上アゴに掛かっている。この渋い中追い食いに成功したなんて。地合いと思いすかさず2投3投するけどまったく当りなし。暖かいので多い方だった地元の人も引き上げ仕度なので、こちらも12時前には納竿としました。バッド(下向き矢印)

DSC01859.JPG 今日の当りはこの13センチと14センチのキスのみでした。平塚海岸では、このところ地元の釣り師のボヤキばかり。「去年は良かったのに・・」と。今年はもう一回は釣行できるような気もするが、考え物です。ふらふらバッド(下向き矢印)
posted by シゲ(^-^)v at 17:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする