2011年12月22日

今年の納竿は、やっぱり大磯港で・・・

DSC02039.JPG 今年最後の釣行は「大磯港」にしました。平塚海岸のシロギス釣りと違って、必ず何か釣れそうだからだ。21日(水)は午前8時が干潮なので、8時にはポイントへ到着です。でも〜???、ポイントの脇では工事船が爆音を出し工事中です。大磯港は以前から湾内の工事を手がけて居るのは知っていたけど、長いね〜。おまけに好きなポイントには先客が・・・。先客に挨拶して、様子を見ます。目

 この日は、寒くて雲が多いものの風と波が少ない、穏やかな一日でした。暫く先客の隣で釣っていましたが、先客が移動した(気分を害したか?)ので、いつもの釣り場から狙います。早朝は濁りが出ていたが、日が高くなると水中が良く見え、コマセを撒くと一斉に小魚が。おまけにボラの集団が水面をかっ歩し出す。その一番海底には小メジナが群れているのが見える。コマセが消えるとどこかへ隠れるようだ。ダッシュ(走り出すさま)

 とに角コマセをドカドカ撒いた。この日は堤防付近より沖目に当りがあったが、ヒイラギがスレで掛かってくる程えさ取りが多く、ウキがピョコピョコ動く。たまにメジナが掛かっても春のような明確な当りは無かった。ふらふら

DSC02046.JPG それでも満潮前の昼までに6匹、満潮(午後一時頃)後に3匹を追加して、15センチ未満の木っ端メジナを9匹釣りました。
今回20センチ級は上らなかったが、やや穏やかな海で、ポツポツと上るメジナと遊べたので、今年最後の釣りとして、満足しました。わーい(嬉しい顔)

 メジナは貪欲で相当な悪食と思っていたが、家で捌いてみると大量の餌が堅く詰め込まれている。冬に備えているんだろうけど、それにしても「コマセ」も割高だ。この日は飼い主が庭の鯉に餌を上げている状態でした。ちっ(怒った顔)
posted by シゲ(^-^)v at 14:07| Comment(9) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする