2012年01月26日

大磯港で防波堤釣り

DSC02116.JPG 寒波が波状的に来るので、ここの所釣行日の選択がが難しいです。25日(水)は晴れて波も風も穏やかそうなので、いつもの大磯港に行ってきました。水溜りは薄氷が張り、松林には白いものが見える。さすがに朝のうちは寒かったが、日が昇ると暖かい。釣れなくても楽しい環境です目

 この日の満潮は6時20分、8時にポイントへ到着した。釣り人はいないね〜。水かさは充分だが、底の取り方が難しいです。テトラ回りで渦を巻いているところもあるからか?
コマセを撒きます、撒きます。でも10時頃までは魚が寄ってくる気配がありません。ウキはピクリともしないし、やっぱり雪の後はだめかな〜っと、もうあきらめムードです。ふらふら

DSC02123.JPG そして11時ごろになるといつものように、工事船が堤防に横付けです。どうもクレーンで岩の積み下ろしで、ガラガラと大爆音が。そこで釣っていた釣り人は退去だ。ここの工事は必ず決まった時間に工事船の横付けがあるので、注意が必要です。がく〜(落胆した顔)




DSC02131.JPG 暫くするとコマセを追って小魚の大群が集まるようになってきたが、メジナの影はついに見られなかった。ボラの幼魚の群れは見えるのだが、魚信はありませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

 前回の反省から今回、ウキ下を超深くし針も小針、刺し餌も小さく付けたが、努力の甲斐も無くボーズとなりました。間違って掛かってきた「ヒイラギ君」(写真)には海にお帰りいただきました。手(パー)

 今回は暖かそうなので釣行したが、少しは釣れないとがっかりです。
今年は寒波が極端に南下して、日本列島を覆っているみたいです。また2月〜4月は例年より低温がが予想されるため、春が遅れるらしいですネ。釣り人にとっては厳しい春となりそうだ。がく〜(落胆した顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 16:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

厳寒のメダカの様子

P1070130.JPG  今日のメダカの様子です。メダカは戸外で8種類飼育していますが、寒くて釣行出来ない時には、魚の動きをじっと観察しています。写真のメダカは「スーパーピュアホワイト光メダカ」という種類で、若干背中が光っているタイプです。目

 メダカの飼育は、綺麗で活きた飼育水を維持することがポイントですけど、水温が低下すると水も腐らないので、わたしは大体11月23日の勤労感謝以降は、水替えをしません。自然に水量が少なくなってきた時に足し水をするくらいです。NEWバッド(下向き矢印)

 真冬で外気温が10度以下の時でも日照さえあれば水面に上ってきて日向ぼっこ、良いですね〜。曇っている時は底でじっとしています。水面で動きがある時は餌をあげると少しは食べます。レストラン

 メダカは変温動物らしいので、水温が下がると動きを止めて餌を食べずに冬眠状態に入ります。水槽の上が凍ってもじっと耐えて生きているんですよね。春が待ち遠しいです〜。そして子孫を沢山残してほしいですわ。わーい(嬉しい顔)黒ハートダッシュ(走り出すさま)
posted by シゲ(^-^)v at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

網代で泳ぎイカと日帰り温泉

DSC02079.JPG
DSC02083.JPG 正月気分も抜けたので、ツレと熱海(網代)に行って来ました。今回は二度目ですが、毎年この組み合わせには、大満足です。手(パー)るんるん

 左は網代湾の風景です。湾も深く養殖や「海上釣堀り」があって、まったりとした感じですよ。わたしらの目的は海岸沿いにある「平鶴」(右)で日帰り温泉です。午前11時オープンと同時に入りますが、他の客は誰も居ません。貸しきり状態ですわ。いい気分(温泉)

 お気に入りは露天風呂が岸壁に接していて、波の音を聞きながら熱い温泉に浸かります。ナトリウムを含んでいるので、ちょっとしょっぱいけれど。上半身は好きな(と言っても冷たい!)潮風に煽られながら、熱い温泉で体の心まで温まる。最高です。ちっ(怒った顔)わーい(嬉しい顔)

 ここで1時間ほど過ごし、その後隣にある「味くらべ」(下)に入ります。お目当ては予約済みの「真イカ」の刺身です。生け簀(下)から掬い、調理して出します。ダッシュ(走り出すさま)

DSC02081.JPG
DSC02093.JPG 今の今まで泳いでいたイカは、肝を叩いて醤油に溶かし、これに刺身を付けて食べます。甘くコリコリして美味です。ゲソは手数料150円で天麩羅に調理してもらいました。グッド(上向き矢印)

 ここにわざわざ来る理由は、料金の安さです。これで1杯1,500円なので信じられないくらいですわ。当然ビールも進み、珍しくツレも催促する始末。まあ、コレステロールも低いらしいし、良いかなと。ビールレストランわーい(嬉しい顔)

DSC02086.JPG
DSC02087.JPG 肝は写真(左)のように新鮮なので、醤油を付けご飯に乗せて食べれば、今回「ウニ」以上に濃厚だと思いましたヨ。黒ハート

 そして、漁港近くだから食べられるんでしょうけれど、右の「サバ刺身」も脂が乗っていて、この時期美味しいです。やっぱり温泉に入って、美味しいものを食べれば、幸せな気分になります。
今年はどんな年になるか分かりませんが、ツレとだけはいつも笑って幸せな気分でいたいですね。ムード黒ハートわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 16:55| Comment(13) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

大磯港で初釣り

DSC02064.JPG 今年の初釣りをいつにしようかと考えていたが、10日(火)に「大磯港」に行ってきました。
本当は平塚海岸でのキス釣りといきたいところだけれど、去年の経験から厳しいと分かっているので、大磯港に決定です。手(パー)

 天気予報は吟味したので、風も波も穏やかなはず。満潮は6時25分だが、早朝は寒いのでポイントへ7時30分頃に到着。それでも朝のうちは北東の風が吹いていたので、ウキは影響の受けない玉ウキ(小)で。濁りがあるが潮の流れは無いようです。目

 やっぱりこの時期水温が低いのか魚の反応がイマイチ。8時を過ぎると釣師が増えてきたが、ヘチ釣りも含めて反応が低いらしい。食いが悪い時は針と餌を小さくと言うので実行。でも小さい「ヒイラギ」が掛かってきてしまう。ふらふら

 日が高くなってくると、海面はスケてくる。水温が上ってきたためか、コマセを狙って小魚が沸いてきた。そして小さいボラが群れを成して集まってくる。大群の底のほうには小メジナも見えるので、ウキ下は超深くとったが、この日はメジナが上ることは無かった。ちっ(怒った顔)

DSC02068.JPG この日の目的は、そろそろ「ウミタナゴ」が来るかもしれないと思って、「ジャリメ」も用意したので使ってみる。昨年2月始めには、ここで14枚を上げています。そしてテトラ付近を流すと妙なウキの動き。そのうち横への動きにすかさず合わせると、ずっしりと手応えが。19cmの「ウミタナゴだった。るんるんわーい(嬉しい顔) 

 海底には夏と比べると、藻などの海藻が少ないようだ。「ジャリメ」の反応も後は無く、いよいよ一面ボラの大群で荒らされて(自分の感想です)、当りは遠のいたので、納竿としました。バッド(下向き矢印)

DSC02071.JPG この時期厳しいとは分かっていたが、小メジナすら上ってこなかったのは、次回のため反省点です。ウキフカセは経験が浅いので、難しいのが「コマセ」の撒き方。指し餌にうまく馴染ませるコマセワークって難しいネ。もうやだ〜(悲しい顔) 

 ウミタナゴは煮付けにして食べてみた。少しでも新年早々釣り魚が食べれるのは、有り難い。いつものようにビールが進みます。ビールわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

昇竜興年!

辰年.jpg 「昇竜興年」。 地上から早天にたくましく昇る龍のように、力強い復興の年として、新年の第一歩を皆で歩みだしましょう・・という意味らしいです。目

 みんなの努力が報われる、素晴らしい年にしたいと思います。困難をチャンスにと言う人もいますけど、今年のスタートに似つかわしくない「干支」と戸惑いを感じています。バッド(下向き矢印)

 昨年は、海が恐竜のように荒れ狂い、東日本に甚大な被害をもたらしました。それは海や自然を汚してきた人間への忠告のようでもあるけど、龍神様はどうしたんでしょうか?黒ハート

 今年は、震災復興と原発事故収束と除染を急ピッチで進めなければなりませんが、人間の弱さが露呈して、またもや中途半端で終わるかもしれませんね。ふらふら

 それはさておき、「辰」似の生き物、「タツノオトシゴ」が人気らしいです。水槽でペットとして飼う人も増えているらしいですよ。わーい(嬉しい顔)

 「タツノオトシゴ」は魚類の「育メン」版です。オスはお腹の大きい固体がメスに好かれます。その意味は、メスがオスに子供を生み付けてオスが「胎生」で産むからなんですね〜。ハートたち(複数ハート)ムード

 今年、「興年」のヒントは、この辺りオスの「育メン」「子育て」にあるかもしれませんよ〜。
海にかかわる釣り人としては、「龍神様」にただひたすら「静かな海」を願うばかりです。ダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする