2012年04月29日

伝統の巨人/阪神戦だが・・・・。

DSC02485.JPG  GW本番ですね〜。今日29日(日)は知り合いからチケットを戴いたので、ツレと東京ドームへ「巨人・阪神戦」(午後2時〜)を観戦しに行ってきました。「ネット裏」とありましたが、ダッグアウトの上方の「26列目」なので、いわゆる「バックネット裏」ではありません。目

 それでも良い具合の高さなので、野球観戦には恵まれすぎです。ただし、最近の巨人選手を余り知らないし、セリーグ3位(阪神)と5位(巨人)のカードに相応しく、なんか緊張感の感じないゲームが続いたようです。ふらふら

 試合結果の方は、2対0で最近調子の上ってきた巨人の勝利です。こちらはと言うと、金本を応援したり高橋を応援したりで、結果は余り興味ないも、城島がチャンスに打てなかったのは痛い。もうやだ〜(悲しい顔)

 そんなことにはお構いなく、こちらは生ビールをお替りです。ビールわーい(嬉しい顔)

DSC02491.JPG 今回のチケットには「巨人の応援タオル」が付いていました。色はオレンジです。そう言えば巨人のユニホームも、オレンジ色に変っていました。「阪神」は黄色(に黒縞)、似ている。猫

 それにしても、今日の東京ドームは混んでいた。発表では45,000人越えとか。満員に近いらしい。GWで天気が良いから、観客も集まったようだが、立ち見もいるのにはびっくりだ。がく〜(落胆した顔)
posted by シゲ(^-^)v at 19:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

予想以上の衝撃です!インカ帝国展

img001.jpg  最近、世界遺産の中でも「南米の天空都市「マチュピチュ」が脚光を浴びています。そんなときに上野の国立博物館で「インカ帝国展」が開催されたので、友人と行ってみました。24日(火)は平日だというのに、突然の夏日のためか館内は相当混んでいます。目

 資料によると、 「インカ帝国は、15世紀前半から16世紀前半にかけて繁栄したアンデス文明(紀元前5,500年?〜)最後の国家。アンデス文明史上、最大の領土を持ち、北はコロンビア、エクアドル国境地帯から、南はチリ中部にまで勢力を伸ばした。
最後の皇帝アタワルパがスペイン人征服者に捕えられ処刑されたことにより、大国家としてのインカは滅亡した…。」ということです。ふらふら

imageマクピチュ.jpg なぞに包まれたインカ帝国、文字を持たないインカ帝国、そこには黄金で栄えたがために首都クスコからスペイン人に追われ、2400メートルの高地「マチュピチュ」の厳しい環境の中で、帝国の文化を維持し続けた、悲しい歴史がありました。もうやだ〜(悲しい顔)

 展示品は装飾品、生活用品などインディオの生活が良く分かります。
中でも 少女の「ミイラ」。不思議に眼球まで残り空虚にこちらを見つめるミイラの前では、見学者の足が止まっていました。もうやだ〜(悲しい顔)

 インカ帝国は、文字が無く記録が無いためミイラの意味も含めて、解明されていない事が多いんです。exclamation&question

P1070260.JPG 暫し侵略されるもの、追われるものの悲しさを味わった後で、記念に写真の「木彫りの人形」(キーホルダー)を買い求めました。〜レイメバンバscfg ¥1,200円也〜
 レイメバンバの博物館には、ミイラが多数保存されているが、ミイラはこの人形のような装飾の中に保存されていたらしいです。
 機会があれば、世界遺産「マチュピチュ」を旅したいと・・・。そう思った一日でした。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

大磯港の堤防釣り

DSC02464.JPG 18日(水)は波風とも穏やかとの予報なので、大磯港に来てみた。5時にはポイントへ到着、べた凪ぎの微風なれど、ちょっと朝のうちは冷え込む。
日の出5時06分、干潮は9時26分、潮回りは中潮です。目

 べた凪ぎだが潮が動いてないのが気に掛かります。あせあせ(飛び散る汗)
コマセを撒きます、撒きます。そして反応がありません。昨年なら4月は毎回そこそこ釣れたものですが、今日もボーズかと嫌なイメージが頭をよぎります。exclamation&question


DSC02471.JPG 最初の当りは16センチの「小メジナ」、上ってきた時は体側がブルーに輝いて、背びれ胸びれを精一杯開きます。生きているこの瞬間がたまりません。黒ハート

 2番目は「ギンポ」、テトラ付近で強烈な引きが。アナゴのような魚で江戸前料理では美味で珍重されているとも。でも捌くのに手間がかかるので、料理人は敬遠するらしいんですが。ちっ(怒った顔)

 そして「根」の上を流していると、突然引き込まれたのがこれです。大磯港では初物の「アイナメ」でした。計測したら21センチとまずまず。始めはカサゴかとも。でも鱗がアイナメでした。眼鏡

 「ギンポ」は家に帰ってもバタバタと生きていて、ウツボのような生命力を感じさせます。流石にツレが嫌がるので、ボツにしました。いつもの「小メジナ」は煮付けに、「アイナメ」は刺身で食してみました。結構身が取れます。わーい(嬉しい顔)

 大磯港はアクセスがいいので、釣り人が頻繁に訪れているが、今年はこの時期(4月)でも釣果はイマイチのようです。ゴールデンウイーク超えに期待しますか。グッド(上向き矢印)るんるんわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 15:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

越冬メダカは春本番!

P1070244.JPG  「メダカ」水槽の水替えを終わりました。(写真)目

 「メダカ」は戸外で飼育していますが、種類別に仕分けているので、睡蓮鉢、発砲スチロールなど全部で10個あります。何れも冬場を乗り切り、元気に動き回ってだんだん食欲がでてきていますね。
あんなに小さい身体で、冬場には餌をほとんど食べていないのに、本当に強いです。黒ハート

P1070228.JPG 越冬メダカ」はそろそろ抱卵が見られ、急いで子孫を増やそうとしているみたいです。
抱卵しているメダカを掬ってみました。(写真)「白メダカ」が結構大きな卵をぶら下げて泳いでいます。サーチ(調べる)
この「白メダカ」は、ここで生まれ2度の冬を耐えてきています。やっぱり愛着がありますね。ハートたち(複数ハート)

 今年我が家の新種は、「虹筋メダカ」です。「めだか本舗」さんにネットで申し込んであります。
メダカの表面ではなく、内部から「虹筋」色に輝いているというふれ込みだけど、当てになりません。ふらふら

 5月にはまた、「小メダカ」君が沢山生まれる予感がします。
そうすると、全て大きく育てないといけないと、義務感のような母性のようなものが・・・。
そうして「水槽」がまた増えると。ちっ(怒った顔)
posted by シゲ(^-^)v at 17:46| Comment(4) | TrackBack(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

結婚記念日なので・・・。

DSC02290.JPG
DSC02332.JPG 結婚記念日はもめにもめて、下田に行くことにしました。わたしは何回も行っているからです。
それでも2日(月)は天気も良く晴れ、伊豆急の「踊り子号」は快適でした。バス何と言っても伊豆の海岸線を走りながら「駅弁」をおかずにビールを飲むのは最高です。ビール

 さすがに伊豆の桜は開花が早く、「河津桜」は散っていました。ツレと二人の場合は釣りは出来ないので、各港の堤防を横目で眺めます。目

 下田では「遊覧船」に乗る予定も、時間が無かったので「桟橋」まで「タクシー」を奮発です。「遊覧船・黒船」(写真左)に乗って下田港を一周。下田港は規模が大きいし「寝姿山」や「須崎半島」に囲まれて豊かな「海」を感じます。とに角、ペリー艦隊が投錨したのだから、相当深いのだろう。バッド(下向き矢印)
それにしても下田のカモメは、松島と比べて餌のとり方が下手で、空中ではキャッチできません。あせあせ(飛び散る汗)

DSC02342.JPG
DSC02374.JPG  その後、今度は「ロープウエイ」に乗り「寝姿山」の頂上へ。うん、頂上から港や彼方に「伊豆七島」が。深い山あいを川が昇ります(写真左)。ダッシュ(走り出すさま)

「寝姿山」の頂上には、「黒船見張所跡」があって、「大砲」が設置されているのには驚いた。がく〜(落胆した顔)

 今夜の宿は「ホテル伊豆急」(白浜)です。
白浜海岸」の砂は本当にきめが細かく、湘南海岸と比べると白いね(右)。ちょっと貝殻を集めます。右側の磯では夕方釣りをしていました。釣りをして温泉に浸かる。これはイメージのみに・・・。眠い(睡眠)

DSC02357.JPG
DSC02389.JPG 温泉に浸かっていい気分(温泉)夜の食事は「アワビ、イセエビ、キンメダイ」(写真左)、これにつられてこのホテルにしました。この料理であの値段。何とか満足です。奮発して「升酒」を飲み干す。また違った酔いだ。う〜ん撃沈!バーわーい(嬉しい顔)

 翌日3日(火)は朝一で伊豆急に乗り、「伊豆高原」へ。「桜まつり」で「桜のトンネル」(写真右)を見ます。まだ五部咲きぐらいか。大室山に掛けて「別荘地」が広がっているらしい。通り沿いには「蕎麦打ち体験」や陶芸教室」が。時間があればゆっくり体験したいんだけれど。時計

 「伊豆高原駅」に帰ってくると、予定通り雨が降ってきました。雨
平塚辺りで例の「暴風雨」です。早く帰ってきて良かった・・・。雷ダッシュ(走り出すさま)霧
posted by シゲ(^-^)v at 19:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

撃沈!釣りにならない〜(;>ω<)/

DSC02394.JPG 3日(火)は暴風雨、16.4度、南西の風9m/S, 4日(水)は晴れ、17.2度、北西の風7m/S, そして釣行日は5日(木)、晴れ19.3度、西南西の風10m/S、最悪の日に大磯港へ行ってしまいました。もうちょっと、静まると思ったんだけれど。ダッシュ(走り出すさま)あせあせ(飛び散る汗)

 低気圧も去って2日目、適当に濁りも入って爆釣ではないかと。さすがに当日港に着いたのは7時30分、でも家族連れが既に入っています。それも小さな子供が。風も波も強いので子供に防波堤は危険です。この日は午後に掛けて段々風が強くなります。ダッシュ(走り出すさま)ふらふら

キタマクラ.jpg 魚の当りはありません。あっても波と風が強いので分からなかったかも?唯一釣れたのがこの「キタマクラ」、フグの仲間らしい。
名前が余り良くない。でも15cm位あって述べ竿ではちょっと重く引き味も。どうも海面から上ると静かになるらしい。バッド(下向き矢印)

 午後1時まで頑張って、結局この日は屈辱の「ボーズ」です。コマセも全て撒ききりました。
それにしてもあきらめるのが遅くないか? 釣れても釣れなくても遅い(ツレいわく)。最後に釣れる時もあるので、止められないんですヨ〜。
 この風でも大磯港の堤防は、10mおきに釣師が並んでいました。前日にはフェンスの方で30cm以上の「クロダイ」を上げたらしい。気持ちを入れ替えてまたリベンジです。パンチわーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 16:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする