2012年05月28日

初めての能狂言(汗!)

P1080075.JPG
今まで気になっていたが、「能狂言」というものをじかに見てみたいと思って、25日(金)に体験してみました。
「第31回大宮薪能」は、日本でも屈指の大社である「大宮氷川神社」の境内に能舞台を施し、御神木と篝火に照らされた幻想的な世界をかもし出すとの歌い文句に惹かれた。目

 初めてなので思い切って「S席」を予約し、ゆったりと観賞する手はずです。でも当日は雨模様雨となり残念ながら会場は「市民会館大宮大ホール」です。
夕闇迫る中で、赤々と照らし出される「能舞台」は、今回お預けとなりましたが、市民会館に設えた「「能舞台」も松の姿クリスマスをバックになかなかなものです。
座席も「中央4列目」と申し分ありません。わーい(嬉しい顔)

 演能は6時20分より素謡「翁」、能「西王母」、休憩を挟んで狂言「茶壷」、能「安宅」です。
初めての観能でどんな良さがあるんだろうと、真剣に五感を研ぎ澄まして観ていたので、ちょっと疲れたが、「謡」が何を言っているのかわかりにくいので、個人的には「笛、小鼓、大鼓、太鼓」でのアップテンポるんるんと、腹の底から出る「ヨオ〜」(オ〜で音程が上る)という掛け声で舞台が締まって良かったですね。グッド(上向き矢印)

 演目については、あらかじめ筋書きを読んでいるので、少しは理解できたものの、謡の文句が分かりにくい(それが前提の芸能かもしれない)ので、細かい進展は演技によるほかなく、とても芸術性を鑑賞する域にはいかないんです。ふらふら

 うち能の「西王母」「安宅」は少しは理解できたと思っているが、特に「西王母」は「能面」による「能舞い」が神秘的で、氷川神社の境内で薪に照らされて演じられたら、より幽玄で神秘的ではなかったかと、思われました。「安宅」は歌舞伎でもお馴染みの弁慶義経もの、安宅関です。がく〜(落胆した顔)

 来年は是非、大宮氷川神社で「薪能」として観賞したいと思う。ひらめき
posted by シゲ(^-^)v at 15:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

「沼津水産まつり」と自衛隊「掃海艦」見学

DSC02525.JPG
DSC02584.JPG 5月19日(土)「第40回沼津港水産まつり」にツレと来ています。年一度なので漁協も赤字覚悟で販売していて、つい毎年来ちゃいますが、ツレの買い物は「甘エビ詰め放題」、「鰹節パックつかみ取り」、「干し桜えび」、「うしお汁」、「干物試食」、「生シラス試食」などで、毎年のことなので、画像アップは割愛します。
因みに当日イベントは下記↓です。目

・体験さかなセリ市 ・おさかな作り方教室 
・駿河湾の珍魚と巨大魚の展示 
・巨大魚重量当てクイズ(正解者の中から抽選で景品あり)
・あじの釣堀 ・大漁輪投げ ・シュートでビンゴ
・ボイル甘エビ詰め放題 ・かつお節パックつかみ取り
・サンマの炭火焼き  ・シラスの釜揚げ 
・朝獲れ生シラス試食・大漁うしお鍋 
・アジの干物素揚販売 ・ひもの試食販売コーナー 
・鮮魚の特別販売 

 この日は夏日で快晴、沼津港越しに富士山が大きく見えます(左)。
沼津港に来たもう一つの目的は、周辺のグルメです。入ったのはTVでも紹介された「魚河岸丸天」」。
ウリは「海鮮かき揚げ」(右)。なんでも缶に入れて筒状の形で揚げるらしい。有料

DSC02581.JPG
DSC02582.JPG こちらは頼まなかったが、ほとんどの人は食べきれず、一部を包んで持ち帰っているようでした。わたしは「丸天丼」(左)、ツレは「五色丼」(右)でした。魚が新鮮なので旨い。たまらず昼から「生ビール」も戴きました。ビールレストラン


DSC02546.JPG
DSC02577.JPG 気になっていて実行できなかったけど、毎年沼津港に寄航している「掃海艦はちじょう」内部の見学をしてきました。今回「はちじょう303」(左)は見学用で「やえやま301」(右)は体験航海用です。体験航海はマニアに超人気で簡単には参加できないんです〜。フリーダイヤル

 「掃海艦」の役割は海底に敷設された機雷を除去し、航行の安全を守ることですが、ペルシャ湾などの掃海業務のほか、各地への救援活動の実績がありますね。決定

DSC02560.JPG
DSC02558.JPG 「掃海艦はちじょうは全長67メートルの木造、排水量1000d乗員60名です。操舵室はこんな感じです(左)。機雷を探知機で発見すると、「機雷処分具」(右)で爆破する仕組みです。どんっ(衝撃)

 逆に敷設された機雷は金属を感知して船舶を爆破させるので、「掃海艦」は攻撃を受けないよう木造船(世界最大)ということです。色は同じグレーなので分からない。これには驚きました。がく〜(落胆した顔)

 自衛隊には若干違和感もあったわたしですが、震災以降の活動や今回の見学でその働きをあらためて評価することができました。今度は横須賀港に行ってみようかな〜。わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 15:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

平塚海岸で投げ釣り

DSC02512.JPG 17日(木)は時間が空いたので、釣りに来ています。茅ヶ崎や大磯での情報で、いよいよキスの接岸が感じられてきたので、今回から大磯港のウキ釣りから平塚海岸のキス釣りへ変更です。まあ、情報通りいかないのが、投げ釣りですが。ふらふら

 この日の予想は、夏日で波も比較的穏やか、シラス船も出ているようです。微風でしたが、久しぶりの平塚にしては、海岸にゴミが多いのが気になります。前々日の雨の影響はどうなんだろうと。
今日の「えさ」は「アオイソメ」です。「釣り平」の自販機でジャリメが売り切れだったんですが、ついていない。やっぱり前日に確保しておかないとだめですよね。もうやだ〜(悲しい顔)

 ポイントはテトラの遥か西方でしたが、西に行くに従い細かく粘るゴミが多いので、何度か移動を繰り返し、テトラ付近です。日の出の4時30分に釣り開始が、あっという間に1時間経過。ここで当たりは出だしたと思ったら、日が昇るにつれて「ヒイラギ」の猛攻が。連掛けを狙うと針数だけ掛かる始末。たらーっ(汗)

 
 幸いに「フグ」は掛からないけど、何とか「ヒイラギ」を避けて、キスだけ誘う工夫は無いものか。ちょっとリーリングを早めても、直ぐ掛かる。それにしても久しぶりなので、「ヒイラギ」一匹でも竿に伝わる感覚は楽しいかも。もうやだ〜(悲しい顔)

DSC02519.JPG 「キス」がやっと釣れました。「ヒイラギ」2匹に隠れて一匹混じった感じですね。干潮が9時、釣れたのは上げ始めた10時ごろです。この後餌も切れたので、納竿としました。キスは13センチと15センチの2匹という結果です。目

 今回は潮に濁りが入っているようでしたが、釣り辛くはないので、久しぶりの海岸は充分楽しめました。4色ではヒイラギ、3色でキス交じりなので、5色以上が難しい人は、今後は3色で軽く釣るのをお勧めします。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 16:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

やっとメダカの孵化始まる!

P1080039.JPG 今日メダカ卵のケースを覗いてみると、5匹ほどの稚魚が孵化していました。中央の両目が大きく、尻尾が針のようなのがそうです。体調5ミリほどです。目

 これは4月17日に採卵したもので、22日ほど掛かった感じです。実は2日前に覗いた時は、卵の中でぎょろっと目玉が確認できたので、孵化は近いかなと思ったんだけど。フリーダイヤル


P1080054.JPG 親メダカはこれです。わが家で生まれて3年ほどのベテラン格です。現在でも卵をぶら下げています。今年は新しい「東天紅」メダカと交配中です。黒ハート

 メダカの採卵は一週間に一度ずつ行っているが、対象メダカの種類が5種類あるので、孵化ケースがどんどん増えることになりますね。早く孵化させてうまく回転しないといけないんだけれど。シャカシャカ生まれたらまたアップします。忙しくなる〜わーい(嬉しい顔)次項有
posted by シゲ(^-^)v at 17:24| Comment(6) | TrackBack(0) | メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

大磯港の堤防釣り

DSC02495.JPG 6日(日)は埼玉県でも雹が降ったりで、不安定な天気でした。でも8日(火)は天候には問題なさそうなので、大磯港へ来てみました。4時40分に到着、既に日が昇っています。そしていつものポイントには、先客がいました。早すぎる。目ふらふらバッド(下向き矢印)

 やむを得ず別の場所へ釣り座を構えます。満潮は5時、中潮です。波は無いが予想に反し、東風があり、潮が西へ流れます。昼は東へ。ダッシュ(走り出すさま)


DSC02503.JPG どうも餌取りが多いらしい。水温が上って来たからか?ウキ下を上げるとやはりヒイラギだった。その中で早朝、このポイントでも小メジなの引き込みがありました。・・・が、それっきり。この時期、昨年のように15匹〜16匹は期待したいのに。もうやだ〜(悲しい顔)

 10時頃になるといつものボラの幼魚がコマセに寄って来ます。底に落ちる前に空中で捕食です。そしてこの写真のボラ。延べ竿の手元がガンガンひったくられる引きでした。初めての感覚なので、ただ堪えるだけでしたが、強い引きの中にも波があるので、少しずつ海面に上って来ました。グッド(上向き矢印)

 こちらはタモを持ってないので、あたふたしていると、横の釣り人が「強く引いたら切れるで」と。
そしてタモを貸してくれました。水中では小さく見えたが、上げてみると40センチはありました。大きいのは60センチあるので、中学生位かも。たらーっ(汗)

DSC02509.JPG 家に持って帰ったはよいが、果たして食べれるのか?ネットで調べるととに角臭いらしい。
 臭い血液や内臓に気をつけて取り除き、氷にさらしてみました。見た感じでは旨そうだが、さっぱりし過ぎで、鯉のアライに似ています。寒ボラは良いが今は脂もなく、調理方法を考えないと面倒くさそう。次回はその場でお引取り願おうかとも。ちっ(怒った顔)

 大磯近辺も日曜日の風雨によるためか、海岸はゴミが多かった模様です。そのためか港内に釣り人が集中、平常日なのに大変な混みよう。次回何時に行ったら好きなポイントに入れるんだろうか?わーい(嬉しい顔) 
posted by シゲ(^-^)v at 15:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 湘南平塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

五月の花(庭)

P1080004.JPG
P1070289.JPG 毎年この時期にアップしています。今年は遅いですが、庭の花はこの時期揃い踏みとなります。ハナミズキ(ピンク)(左)と牡丹(右)です。姿は乱れてきていますが、放置していても毎年咲いてくれるので、ありがたいですね。目


P1070281.JPG
P1080007.JPG 今年のブルーベリー(左)は乱れ咲きのようで、収穫が待ち遠しいですが、昨日までの雨で大分花が落ちてしまいました。ふらふら
 サラサドウダン(右)も小花が釣鐘のようにぶら下がっています。紅色が可愛いですよ。黒ハート


P1070285.JPG
P1070283.JPG スズラン(左)は早春の花ですが、今年はこの時期になってしまいました。葉の緑の中に、ガラス細工のような小花が可憐です。揺れるハート
 ナルコユリ((右)です。スズランと同様地下茎なので毎年増殖しながら、花を咲かせてくれます。
わが家の庭の花は、ろくに手入れもしていませんが、毎年咲いてくれる花があるので、春が待ち遠しいです。わーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

今年のプランター菜園

P1070274.JPG
P1070275.JPG 今年もプランター菜園を育てます。夏場は水遣りで苦労しますが、やってみます。去年は旅行から帰ってきたら、大変なことになっていましたむかっ(怒り)バッド(下向き矢印)
野菜苗は定番のキューリとミニトマトです。奮発して「接木苗」としました。確実な収穫を目指します。目


P1070276.JPG
P1070277.JPG こちらはナスとサンチュとルッコラ?です。
これとは別に、ラディッシュの種を撒いたんだけれど、果たして食べれるようにナルだろうか。
少しずつ成長して、最後は直ぐ食べれるなんて、楽しみは大きいですよね。
大きくなったら、またアップします。黒ハートわーい(嬉しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 12:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 季節の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする