2015年10月12日

腰を手術して・・・(その4快復期)

031.JPG 手術の翌日、元の部屋に戻ってきた。シビレや痛みはもうありません。昼から重湯、その後は5分粥,通常食と整形外科の食事は急テンポに進む。手術日の2日目にドレーンチューブ抜去、3日目で点滴、尿管など全ての管が外され、最大の開放感満喫。まったく体中の管はまるで拷問みたいだったねえ。

 3日目から歩行訓練。やっとの思いで立ち上がり、両足で踏ん張ってみる。膝がブルブルっと震えるが、意外と立てるもんです。もちろんコルセットはしていますヨ。
この頃からお見舞いに来た人を受け入れる余裕が出てきました。でも術後2日目から術前にはない痛みが右腰に現れた。これは術後5日目には消えたので安心したが・・・。炎症性の痛みらしい。

 術後7日目のMRI、CT、レントゲン、採血は順調に快復していることを示していた。院内の廊下をスイスイ歩きます。このまま行けば術後10日目の採血で退院の許可が出る予定だった。が・・、術後9日目で発熱のため緊急採血、結果は身体の炎症数値を示すCRPが高く、この日から抗生物質の点滴を朝10時と夜10時から各3時間掛けて行います。ああ〜また点滴生活かよ〜。

何とか感染症は回避したい。次回はこの後感染症の怖さ、CRP数値との一喜一憂を綴ります。
ただ今リハビリ中、細切れになりますが、次回に続きます 



にほんブログ村

にほんブログ村
posted by シゲ(^-^)v at 11:20| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする