2016年06月23日

そんなに上手くはいかないか!

003.JPG 梅雨らしい日が続いています。でもなんか降り方が違う。シトシト降りなら釣りに影響ないんだけれど。昨日22日(水)平塚海岸へ行ってきました。前回は虹ケ浜で良い思いをしたので、ここから攻めます。5時到着曇り、弱波濁りあり、涼しい。午前中に弱雨の予報です。

 満潮5時08分、中潮。だめです。5色から2色半までフグばかり。フグがかかる場合もあるし、針が無くなる場合も。釣りになりません。ここを諦め更に西へ。ここでやっとフグとキスの連。ボーズは逃れました。


002.JPG この後全くフグばかりなので、釣りながら東へ移動、プール下を目指します。どこでもフグばかりでプール下へ到着。ここでキスを1匹追加します。が〜!良い場面もなく時間ばかり過ぎて、そのうち雨が降ってきたので、9時を回った所で、納竿としました。

 今日の釣り、確かに雨は治まったが意外に海は荒れた後で濁りが治まっていない感じです。でもフグの引きはすごかったですよお。なんであんなに力強いのか?こんな天気があと1週間ぐらい続くらしい。




にほんブログ村
posted by シゲ(^-^)v at 17:37| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

久喜市菖蒲地区ブルーフェスティバル

021.JPG 車で県内の久喜市菖蒲に行ってきました。今年何回目かの花菖蒲です。土地の名前が菖蒲ですから面白い。こちらは市役所前にあるラベンダー苑です。香りも好きですけど、この花茎がスーッと伸びた佇まいが良いですね。喉から胃にストンと落ちる感じです。この地域米どころでもあるので、ラベンダー苑のはるか向こうでは田植えをしてます。こちらからはのどかに見えるんですが、作業は大変ですよお。


012.JPG 菖蒲には菖蒲城があったらしいですね。菖蒲城址あやめ園が名称ですよ。あの公共放送のNHKでは、この時期季節の訪れは、ここの映像が紹介されます。NHKの定点カメラから撮影してみました。やっぱりここが一番良く見えるよ。




にほんブログ村
posted by シゲ(^-^)v at 10:19| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

平塚海岸キス釣りと新小田原城

018.JPG 8日(水)に平塚海岸に行ってきました。大磯の情報がいまいちだったので、平塚のプール下へ5時到着。曇り→晴れ暑い。微風、波低い、潮は澄んでいる。今日の満潮は5時30分。中潮。早朝に1匹、連とここで3匹も後が続かない。それに波が低いのに仕掛けがグチャグチャになるんだよねえ。

 下げ3分8時頃を狙って西方へ移動です。河口方面にグループがいたので、その手前、良く「ぼんちちさん」が行くポイント辺りで、構えます。第1投は3色あたりで明確な当たりがブルッブル!。竿を寝かして次の当たりを待つ。今度はグイーン!グイーン!慎重に巻いていて抜き取る。17センチ〜19センチの2連です。

 このあと1時間ぐらいは2連、2色半から4色までで続きます。2連が5回、単で2回、このポイントで12匹釣り上げました。平塚で良型の2連が続いたのはあまりなかったと思う。

021.JPG でも9時30分頃になるとフグが釣れだし、針がなくなる事態。右手のグループの釣師いわく、みんなは1匹程度だと?餌はジャリメ、こちらはチロリか。そう言えば大磯東の産卵期でもチロリが活躍したことを思い出しました。

 今日は曇りの予報だったが、晴れて真夏のように暑くなってきた。フグやメゴチが釣れだしたので、10時には納竿としました。腰も労んないといとね!今日の釣り、14センチ〜19センチまで15匹、主体が17センチ〜19センチの卵を抱えたキスだったので、6月にしては楽しめましたよ♪。

034.JPG ついでに5月に改修工事の終わった新小田原城を見てきました。あっと驚き、姫路城と同様外壁の漆喰が真っ白に塗り替えられている。

 内部は耐震工事と展示室の模様替え、展示物は今まさに放映のNHK真田丸のタイミングよく、豊臣の北条攻めと一夜城をクローズアップ。逆に歴史的な展示が少なくなったり、妙に明るくなってなんだかな〜。

044.JPG 花菖蒲とあじさい祭りは、未だ満開ではないけど、崖地のアジサイは見応えがありますね。ここには何故か毎年来てしまいます。花菖蒲が咲きそろえば売店も賑わって、楽しくなりそうだね〜。




にほんブログ村
posted by シゲ(^-^)v at 15:56| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

花菖蒲まつりとアジサイ

010.JPG 近くの公園の花菖蒲祭りをのぞいてきました。たまには目の保養ですね。ここは釣りもできる池があるので、たびたび画像をアップしていますが、花菖蒲も結構手入れが行き届いていますよ。

 もともと広範囲に田んぼのあった湿地帯だったので、沼もありカモや亀も寄ってきます。そう言えばここで初めて川鵜を見ましたよ。いつの間にか梅雨入り、アジサイも明るい気分にさせますね。

012.JPG 小さい池にはハスの花が咲き始めているね。白くて明るいのが良い。池ではメダカやザリガニがいるんです。そう言えばザリガニを取っていたオジサンが、コレを餌にウシガエルを釣っていたけど、カエルはどうするんだろう。食べられるのかしら?

 画像はないけど、釣り愛好者が子どもたちにクチボソなどの釣りを教えていました。延べ竿1メートル程度の短ザオで極小のウキと針で釣っていた。
いよいよ6月梅雨、猛暑になる前にキス釣りを楽しみたいね。今週は何とかキス釣りに行こう!!




にほんブログ村
posted by シゲ(^-^)v at 18:55| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

海も沼も川もシ−ズン真っ盛り!

008.JPG 今年のメダカ稚魚プロジェクト、コレを導入しました。ゾウリムシです。昨年はメダカの孵化が130匹位あったけど、成魚になって年越したのは1割でした。今年こそは!ゾウリムシはメダカ稚魚の餓死をすくうことになるらしいのです。
 稚魚は2〜3ミリ程度なので人工餌では大きすぎるんですね。ゾウリムシの大きさは0.2ミリぐらいなので、餌に丁度良いらしいです。

 今年も現在50匹の孵化を確認しました。映像が分かりにくくてごめんなさい!2週間育てば死滅は少ないと言われていますよ。この時期にゾウリムシを与えています。未だ結果は出ないけど、去年よりはマシか〜。

 ネットで見ると、良くゾウリムシの増殖を小学の理科の実験でやるってあったけど、知らなかったです。なので今試験中なんだけど、増殖の餌は「コメのとぎ汁」を使っていますよ。3〜4日でかなり増えてる。結局だんだん極小の世界にハマり込んでゆくんだねえ。 シロギス→ メダカ→ メダカの稚魚→ ゾウリムシ。あっ!ミジンコはちょっと大きいですよ。


 この間ペットショップの水槽で見た、ヨシノボリがカワイイので、つい買ってしましましたよ。ただ60センチ水槽のヤリタナゴと同居させたんですが、ヨシノボリの攻撃性が難問です。ヨシノボリは縄張り意識が強くかつ肉食、タナゴを追い回すようになってしまいましたよ。大きさは7センチぐらいで同じなんだけどね。

 出来るだけ壁と隠れ家を作ったので落ち着いてくれれば良いんだけれど。カワイイんだけれど凶暴なのも困ったもんです。どうしてもなじまなければ、独居ということですかね。




にほんブログ村
posted by シゲ(^-^)v at 08:13| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

世界文化遺産の旧富岡製糸場に行ってみた

表門.jpg 群馬県富岡市にある 富岡製糸場に家族で行ってきました。入場料1,000円ですよ。世界文化遺産になって周辺のなんでもない店が、急に観光地化された感じです。古い田舎の街なんですけどねえ。歴史の文化、建造物なので、イヤホン付きガイドで参加、40分コースです。まずは建物、フランス式赤レンガ積みが美しいですね。(自分の写真はいまいちだったので、群馬県のダウンロード許可あるものをアッップ)。
 
東置繭所正面2.jpg 明治5年の刻印。生糸の生産を機械で最初に実施しました。それまでは手作業ですが、実演もやってましたよ。10個ぐらいの繭糸の端を手繰り、撚りを加えてリールで巻き取る感じです。ガイドが左右に振れ、均等に巻き取る。釣りのリールによく似ているので、つい思い出してしまいました。そう言えばスピニングリールは、糸にかなりヨリがかかりますよね。巻き取る角度が90度変わるからなんだけど。

繰糸所内部1.jpg 繰糸所の建物は、柱のない橋脚工法、機械は当初はフランス製でしたが、現存するのは日産とプリンス製です。そしてそのエンジンはなんと!石炭の蒸気タービンですよ。
明治5年なので当たり前か。

 当初は官営なので、社長はフランス人、労働条件も外国式なので、女工は、8時間労働、日曜休日、夏と冬に10日の休暇とか。その後民間に払い下げられてからは、悪化して12時間労働もあったそうですね。女工哀史ねえ。

 絹製品はもっぱら外国に輸出され、ストッキングなどが生産されたそうです。蚕の繭から糸を紡ぎ生糸を作る。原始的だけど興味がありましたね。蚕は長期間桑を食べてサナギになるけど、真っ白な繭を作出するのは、たった2日ですよ!その糸の長さは、1匹(1頭と言うらしいです。)で1,300bだというから驚きです。

 「お蚕さん」、埼玉県でも生活に欠かせない協力者としてそんな表現をしていました。
現代、絹は一般的じゃありませんが、アジアでも上流階級は絹でしたね。どっかに絹をつかってみようかな〜。




にほんブログ村
posted by シゲ(^-^)v at 10:27| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ,釣り・アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする