2013年05月11日

たまには丸の内界隈に!

030.JPG  東京駅周辺で建造物がリニューアルしたみたいなので、ツレと行って来ました。東京駅駅舎は長年復元工事のためシートを被っていましたが、昨年完成したものです。見どころは落ち着いた赤レンガの外観と、夜間のライトアップだそうです。ぴかぴか(新しい)
 ビューポイントは、これも今年3月に完成した旧東京中央郵便局の4階から眺めた、この映像だそうです。駅南口の円形ドーム(吹抜け)が、素晴らしい。詳しくは:東京駅舎 こちらへ。目

024.JPG  旧東京中央郵便局局舎を一部保存再生し建設された『JPタワー』内に、3月21日(木)に商業施設、KITTE(キッテ)がオープンしました。「切手」と「来て」の2つの意味らしいが、日本郵便も思い切ったね〜。郵便局
 内装は、木材や瓦、織物、和紙 など日本古来の素材が使われていて、高層ビルが林立する丸の内では、なんか大人の落ち着きでいいね。画像は「KITTE」商業施設内の吹抜けです。詳しくは:「新しいKITTE」 こちらへ。ダッシュ(走り出すさま)



035.JPG 6階までが商業施設で、6階屋上は芝生とウッドデッキで敷き詰められ、公園のような外観です。ここから東京駅の方向を眺めると、今まさに新幹線が発車するのが眺められました新幹線。もちろん東京駅舎と東京ステーションホテルも一望出来ます。フリーダイヤル



040.JPG 4階には「旧東京中央郵便局」時代の「旧局長室」が保存されています。ここが「東京駅舎」の一番のビューポイントになっていますね。局長室の内装は全て黒茶色の木材だ。年代を感じさせられます。手(パー)
 ツレと6階の「過門香」で中華を食べることに。ここのレストランはほぼ窓際からオフィスビルが眺められる。ちょっとグレードが上がるかも。レストラン

 最後は自分がかつて通っていた丸の内のオフィスを、何年ぶりかで確認しに行きました。当時は立派に思えたビルも、リニューアルした「東京駅舎」や「KITTE]を見てきた後ので、なんか一段と見すぼらしく、思い出もちょっと萎んでしまいました。見なきゃよかったかともうやだ〜(悲しい顔)
posted by シゲ(^-^)v at 12:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

初めての能狂言(汗!)

P1080075.JPG
今まで気になっていたが、「能狂言」というものをじかに見てみたいと思って、25日(金)に体験してみました。
「第31回大宮薪能」は、日本でも屈指の大社である「大宮氷川神社」の境内に能舞台を施し、御神木と篝火に照らされた幻想的な世界をかもし出すとの歌い文句に惹かれた。目

 初めてなので思い切って「S席」を予約し、ゆったりと観賞する手はずです。でも当日は雨模様雨となり残念ながら会場は「市民会館大宮大ホール」です。
夕闇迫る中で、赤々と照らし出される「能舞台」は、今回お預けとなりましたが、市民会館に設えた「「能舞台」も松の姿クリスマスをバックになかなかなものです。
座席も「中央4列目」と申し分ありません。わーい(嬉しい顔)

 演能は6時20分より素謡「翁」、能「西王母」、休憩を挟んで狂言「茶壷」、能「安宅」です。
初めての観能でどんな良さがあるんだろうと、真剣に五感を研ぎ澄まして観ていたので、ちょっと疲れたが、「謡」が何を言っているのかわかりにくいので、個人的には「笛、小鼓、大鼓、太鼓」でのアップテンポるんるんと、腹の底から出る「ヨオ〜」(オ〜で音程が上る)という掛け声で舞台が締まって良かったですね。グッド(上向き矢印)

 演目については、あらかじめ筋書きを読んでいるので、少しは理解できたものの、謡の文句が分かりにくい(それが前提の芸能かもしれない)ので、細かい進展は演技によるほかなく、とても芸術性を鑑賞する域にはいかないんです。ふらふら

 うち能の「西王母」「安宅」は少しは理解できたと思っているが、特に「西王母」は「能面」による「能舞い」が神秘的で、氷川神社の境内で薪に照らされて演じられたら、より幽玄で神秘的ではなかったかと、思われました。「安宅」は歌舞伎でもお馴染みの弁慶義経もの、安宅関です。がく〜(落胆した顔)

 来年は是非、大宮氷川神社で「薪能」として観賞したいと思う。ひらめき
posted by シゲ(^-^)v at 15:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

いじめっ子はいねが?


men.jpg  私の中学校ではその日の最後には「ホームルーム」活動というものがあった。ホームルーム委員(学級委員長)が司会を務め全員の自由発言によりクラス内や校内での出来事(運営)について発言するのだ。組織的には「生徒会」の下部組織に位置付けられていたと思う。
 時には個人的な非難めいた発言もあった。また女子が男子の女性蔑視や掃除などの作業の押し付けを非難する場合もあった。担任の先生は殆どが後ろで見守っているだけで、求められると発言する。
 
 果たして今の学級運営や校内ルール作り、あるいは生徒会活動はどうなっているのだろう。

 「いじめ問題」についてはあらゆる意見がf噴出しているが、殆どは管理する大人の側の対応策で「生徒の意見」を汲み取るのに消極的だ。私は生徒によるクラスの自主運営という切口で提案したいと思う。この裏側には、大人が管理の立場から自主活動を毛嫌いすることと、生徒自身が真面目な生徒会活動などを馬鹿にする側面がある。

時間のある人はお次へ・・・
posted by シゲ(^-^)v at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

中国鍼灸・整体の健身院(渋谷)が熱い!

bgHeader.jpg
会社が渋谷にある関係で、健身院は通い出してもう2年半になります。最初は院長の朱(シュ)先生に治療して頂き、日本鍼や普通の整体と全く違うことが実感でき、病気も回復しました。現在は体調管理のため時々通っています。担当は女性副院長の姚(ヤオ)先生です。
 家の近くの整体には良く行きましたが、ただ撫ぜているだけに感じますが、ここは全身に対し決して手を抜かず治療することで、回復パワーが湧いてきます。中国鍼に惚れこんで会社でも宣伝して今何人かは通っているみたいです。
 健身院は中国医学の最先端治療法に基づく治療が受けられ、早い効果が期待できます。マスコミにも多く掲載され、若いOLも肩凝りや花粉症、最近では小顔対策で来院するそうです。
  東洋医学、特に中国鍼は症状の顕われているツボを鍼で刺激し、大脳に働きかけ自らの自然治癒力を促すため、副作用が無い安心できるものです。さんもどうぞ!わーい(嬉しい顔)次項有   健身院
posted by シゲ(^-^)v at 19:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

江戸時代の民間薬ー"薬草"


出島栽培植物リスト、長崎県立図書館蔵その4.gif時代小説を読んでいて思ったが、江戸時代は外科は一部で、薬学と医学の堺がなく薬草が主流でかなりの薬草があった。西洋医学を学んだシーボルトは長崎出島で栽培と研究を行ったらしい。大体の病気は漢方や薬草で対応できる。(写真は当時の出島栽培植物リスト、長崎図書館所蔵)




モグサ⇒灸火、諸病⇒現在はお灸
センブリ⇒頭痛⇒現在は食欲不振、消化不良
梅干⇒頭痛⇒下剤もある




時間のある人はお次へ・・・
posted by シゲ(^-^)v at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

中国鍼灸を試して見た

肩凝り、腰痛など、一般に整形外科の守備範囲は非常に広く、身体を構成する各臓器、脳、循環器以外は全て整形外科の範疇ではないんだろうか?ただし西洋医学のアプローチは一般に症状の原因を特定し病巣を取り去ることを目的としている。結果が症状の解消に向かうかは年齢や体力により不確定要素が多く、回復は薬効次第となっているがそれ程効くく薬は聞いた事が無い。私が良く行く鍼灸整体「健身院」はこちらから次項有健身院


続きを読む
posted by シゲ(^-^)v at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする